2018年01月26日

今週の土日は張り替えへ

雪が残って土日まではコートが使えない
ところが多いようですね。

週末プレーで時間が取れない人はなかなか
ゆっくりカウンセリングに来れないのでは?

今週末はgo for it !へおいでください。
目から鱗が落ちる気付きを提供します。

お待ちしています〜。
posted by goforit at 16:12| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント

2018年01月23日

WILSON PROSTAFF 97 セット例 Iさん(男性40代)

IMG_0260.jpg
PS97 Iさん 男性40代 

ストリンガーにとってローテンションを
好む人は要注意なんです。

ゆるく張るのは固く張るよりも難しい。
摩擦の抵抗があるので、仕上がりの安定が
一定になりにくいので毎回同じにあげる
ためには工夫が必要です。
さらに、ゆるく張るということはタッチを
重要視しているわけですから、基本的に
スイングがコンパクトで、すっ飛んでは
いけないのです。

打ち味にこだわりがあるからこその
ローテンション選択。
テニスをよくわかっているプレーヤーに
多く見受けられます。

テンションは38ポンドの抑えめの球飛びで、
ナイロンの細ゲージがお好み。
乗っかりすぎてもダメなんですね〜。

ストリングは柔かでありながらクリアな
飛びをするゴーセン「MULTI CX 17」。
耐久性があるのでケバ立ちが遅くなります。
posted by goforit at 20:51| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月22日

WILSON PROSTAFF 97 セット例 Iさん(男性50代)

IMG_0225.jpg
フェデラーモデルとしてのRFは最高ですが
ちょっと重すぎるので一般プレーヤーに
相性がよいのがプロスタッフ97。

PS97 Iさん 男性50代 

かなり昔からの常連さんです。
ずーっとブリヂストンの初期モデルの
プロビームMDを愛用していました。
最近のフレームではしなり感が足りず、
軽すぎて打っていて楽しくない。
いろいろ試打しても、ボールが乗らずに
飛んでしまい、コントロール性が不満で
買い替えることができずに困っていました。
しかたなく、程度の良いプロビーム中古を
買い集めてグロメット直して使用。

そこに登場したのが97プロスタッフ。

これならコントロール性は抜群だし、
球の伸びもスピン性能もベテランの方が
新たに手に入れられるベストチョイス!
お勧めしたら、いい感触だったらしく
「これだっ」と使い始めました。

ハードに打つけど面安定性と球飛びを
両立したいので、細めのナイロンマルチと
ポリエステルのハイブリッド。
プロビーム時代はテクニファイバーの
X-ONEとシグナムプロのポリプラズマ。

プロスタッフにしてからはストリングの
パターンが広がったので切れやすくなり
価格を抑えながら打球感が満足できる
テクニファイバーXR-3 1.25とシグナム
プロのハイペリオン1.18で組みました。
それでもやはり切れやすいので、予防で
ストリングセーバーを挿入しています。

テンションは55ポンドのニュートラルな
球飛びで、振動は少なめになるようセット。
手応えは固めですが、フレームが打ち味が
マイルドなので、ドンっと打つ人には
かなり使いやすいかと思います。
posted by goforit at 19:50| Comment(0) | ◆ストリンギング