2018年01月30日

留めるノットにこだわり

IMG_0281.jpgIMG_0282.jpg
緩まなければどんな方法でもかまわないと
いえますが…。

やはりきれいでありたい縛って留める部分。
ノットといいます。

ノットの必要な要件は
「緩まない」
「穴の中に埋没しない」
「ちぎれない」
これが必要最低限です。

「グロメットの穴をつぶさない」
「ストリングを傷めない」
次回張るときに問題になります。

「先端がフレームから飛び出さない」
露出している肌に引っかかったら危険です。

そしてプロストリンガーならば、仕上げは
美しくあって欲しいですね。
すべてのノットが統一感もって同じ形と
方向を向いて揃っているのが白眉でしょう。


ストリンガー同業者なら「この留め方は
あそこのお店だ」と判断できます。
きれいに留めてあるストリンガーは
リスペクトしちゃいますね〜。
posted by goforit at 20:49| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月29日

PRINCE SHARK TEAM98 セット例 Nさん(女性)

IMG_0224.jpg
切れのいいナイロンモノフィラメントは
ないかしら〜。

通常のナイロン系では切れるのを嫌って
1.20mmまであれば立派でしょう。
それさえも数えるほどしかありませんが。

すごく昔から存在するプリンスのシンセDF。
DFとはデュラフレックスという意味ですが
耐久性を高めた巻き糸を配して、スピナー
御用達のストリングとしてありがたい存在。

その太さは驚異の1.15mm。
おそらく、国内で普通に入手できる条件の
ナイロンストリングでは最細でしょう。

シャリーン、キュリューンという音が
コートに響きますよ。いかが?
posted by goforit at 20:55| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月27日

PRINCE PHANTOM PRO 100XR セット例 Nさん(女性)

IMG_0263.jpg
昔からの常連さんです。
シニアで頑張っている女性で、市民大会では
上位に進出することも。

ずーとプリンス愛用者で、カスタムを施し
自分用の好みに仕上げています。
そのチューンが独特で、トップヘビーで
重量も重く、打球感はとにかくマイルドに
なるようにしたいという依頼。

まずはフレーム重量へのこだわり。
総重量は376g。かなり重いです。
バランスも考慮しながら、フレームの全面に
鉛テープを配しています。

グリップは凸凹でぐっと握りこめるタイプ。
ストリングはゴーセン「ナノキュービック」。
すでに廃番となっていますが、メーカーの
最後の在庫を30張りほど買い取ってキープ。
このモデルは分子構造をナノ化することで
マルチフィラメントのような柔らかさに。
断面構造はAK PRO的な海島で、モノ寄りで
ありながらマルチの要素を盛り込んだ逸品。
飛びがありながらマイルドな打球感です。

振動吸収性は最大になるように、手を入れて
います。ストリング面ではバボラRVSと
ワームタイプのドップラー。
さらにフレーム面ではバイブカットを2個。
振動が少なくなるように張ってあります。
重量の効果もありますが、張ってボールを
突いてみるとまったくショックありません。

テンションは固めの55で飛び抑え目セット。
それでも固さを感じることなくフレームと
一体化している仕上がりになりました。
posted by goforit at 20:33| Comment(0) | ◆ストリンギング