2017年04月19日

仕上げに美しさを(サイド面編)

IMG_0030.JPG


ストリングを張る道筋があります。
縦糸横糸を通す穴は決まっていますが
どのように通過するかは自由です。

ただ、マニュアルというものがあり、
一応正しい通し方や止める位置の
指定は存在しています。

しかし、そのとおりに張ると画像の
黒糸のように3本重なったりして
「大変混み合っております」状態に
なり、美しくありません。

仕上がりはストリンガーの作品で
ある、と考える澁谷はなるべく
スマートな見た目になるように
工夫して張っています。
それが黄色糸の通し方。
スッキリしています。
posted by goforit at 22:46| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年04月18日

私の時代とは大違いだと思ったこと

先日、定休日にテニスなぞしておりまして…(笑)

そのときに隣のコートでバゴッ!ズゴッ!とすごい
ラリーをしているジュニアがいました。
中学生になるかどうかくらいの小柄な男の子。
コーチと思われるこれまたすごいハードショットを
同じようなリズムで打ち返すだけでなく、エースを
狙いにいってました。

澁谷が中学生のころとは世界が違う。

通学バッグのマジソンスクエアガーデン(ほぅ)に、
「行くぞウインブルドン」的な落書きしておりました。
でもギャグです、無理です、ほほえましいよね感が
満載で、遠い世界への憧れでしかありません。

現代のキッズは…。
いやマジだから、行けるっしょ、そのためには
早く海外に出てデビューしなくちゃ。

たのもしい〜。
楽しみですぅ。
澁谷は応援するよ!
posted by goforit at 22:40| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年04月17日

五感で張る

張っている際に感覚をフルに使用しています。

五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。

「視覚」はストリングを見て状態を判断。
痛みはないか、ねじれてないか、太さに
違和感はないかなど。
端切れを見て「この糸はなにか」を当てる
遊びもよくしています。
ストリングの特徴を記憶する役に立ちます。

「聴覚」は張っている最中の指で弾く音や
ストリングの交差音の確認で使います。
テンションが正しくかかっているか、異音が
出ていないか、フレームから傷んだ音が
発生していないかなどチェックします。

「触覚」はストリングを指で触った時の
感覚で表面が傷んでいないか、粘り具合の
違和感がないかなどを確認します。

「味覚」は、なめてみることはないので
ボールを突いて打球感を味わう「打感」に
置き換えます。
仕上がりの状態を自分で確認します。
振動は快適か否か、球飛びや面安定性は
適正かどうか。
スイートエリアの位置は適切かなどを
チェックします。

「臭覚」はパッケージから開けたときの
ストリングのにおいを嗅ぎます。
何の役に立つのかというと、メーカーに
特有のコーティング臭がある気がします。
特にナチュラルはトリップできます(笑)。

ニュー缶ボールを開けたとき、思わず
鼻突っ込んでにおい嗅ぎませんか?
それと同じです(えっ?しないですか)


数日前から耳付近のリンパが腫れてるのか
耳がキーンとしてよく聞こえません。
ああ、五感がフル稼働しないと仕事に
リズムがでないなぁと実感しました。
posted by goforit at 18:15| Comment(0) | ◆ストリンギング