2013年11月20日

高性能・低価格のインナーウエア

9mtl5-016csc-1[1].jpg
夏ごろから来店したお客さんにだけ紹介していた、インナー
シャツがスグレ物だと好評です。
例のごとく、澁谷が試して「これはイイ!」と思った商品。

テニスに最適の9分袖。そして5cmハイネックのタイプ。
腕をすばやく振る動きをジャマしない長さで、汗をすばやく
吸収して発汗します。紫外線を防止する効果も高く、
日焼けによる疲れを軽減します。真夏でも着たほうが
涼しいほど。
それではこれからの季節はというと、風を通しにくいので
自転車に乗っていても保温性があります。

つまり夏涼しく冬暖かい。オールシーズンタイプです。
プレーがとても快適になります。

さらにストレッチ素材なので筋肉のサポートもしてくれます。
サイズは小さめを選んで、ピタッとして着用するのがおすすめ。
気持ちも見た目も引き締まりますよ〜。

澁谷は178cm70kg(最近やせた 笑)ですが、Mサイズです。
色は白と紺、サイズはSとMを用意しています。

通常価格は3,500円くらいの品ですが、2,980円でお分けします。
有名ブランドを製造している工場がオリジナル生産している
ために、性能は高く価格は安い!とてもお得です。

すでにブランド物持っている人でも着てみてください。
サイズと着心地をチェックしてもらいたいので、試し着を
レンタルしています。実際に着用してプレーしてから購入して
いただいて結構です!
posted by goforit at 20:02| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年11月13日

シューズのフィッティングをしよう

go for it ! はストリングを張るだけではなく、トータルで
テニスなどのラケットスポーツのレベルアップをサポート
しています。

ラケット以外にもフィッティングが必要な分野がシューズ。
ラケット同様、シューズもお客さんが使用しているものを
いかにして自分専用に高めていくかがテーマ。

フレームやストリングと同じように、なんとなく選んで
「こんなもんかな」と不便じゃないからそのままにして
いませんか?
ボールを打つスポーツなのでラケットが大切ですが
レベルを上げようと思ったらフットワークが超・大切です。
フットワークを支えるシューズをフィットさせることは
意外と後回しになりがち。


go for it ! で今イチ押しでお勧めしているフィッティング
セットがあります。
あなたのフットワークを向上させ、快適な履き心地にする
3点セットをご紹介しています。

このセットでシューズは劇的に足と一体化します。
今までの履き心地はなんだったのかと「気付き」ます。

気付いてしまった人は「得をした〜」と考え、まだ知らない
人には「損してるよ〜」と思ってしまうほどです。

強力にお勧めする理由は澁谷自身が試して「これはスゴい」と
感じてしまったから。
これはウチのお客さんに教えてあげないとイカン〜と。
基本的に当店の品揃えは自分が試して自信を持って勧められる
商品しか扱っていないし、売りません。

絶対に満足しますよ!
あまりによいのでブログで広くに紹介しません(笑)。
お店に来てくれた人にだけ内緒で説明します。
ぜひお立ち寄りください。
posted by goforit at 20:52| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年11月12日

フレームのフィッティングをしよう

go for it ! では「プレーヤーの所持しているフレーム」を
「プレーヤーの持っているショット」に適合させるために
ストリングを選び、テンションをセットし、打球感を満足
させる張り方やチューンを施します。

そのためにじっくりとプレーヤーの希望を聞き、使用している
ラケットの状態を探って、目指す仕上がりを一緒に決めます。

ただし、当店を初めてご利用の方では、目指す仕上がりの
具体的なイメージを持てない人がほとんどです。
「よくわからないから普通でいいです」
そんなもったいない〜。あなたがもっと輝ける状態に
ラケットを仕上げたいのです、澁谷は。
どうしてそうなるかというと、以下のことかもしれません。


<一般的なテニスショップで行われる張替依頼の流れ>

お客さんが店にあるストリングを眺めて選ぶ。

それを持って行き、受付で希望のテンションを聞かれるので、
以前張ったことがある数値をなんとなく言う。
基本的に自分が聞かないとアドバイスはしてくれない。

仕上がり日を聞いて代金を払う。

ここに自分のプレーを向上させてくれるお店の提案はない。
そしてストリングの選択肢もそれほど多くないうえに、
選んだ理由も明確ではないかもしれない。
まずは自分がどのようなプレーをしたいのか、またするべき
プレーの方向性なのかがわからない。

でも不便だと思っているわけではないから、これでいいや。
もっといいもの?いや、こんなものだろうと満足しているよ…。


それに慣れてしまったら、自分に合っているフレームも
ストリングも張り上がりもわからないまま過ぎていきます。


大切なのは「気付き」。
もっと自分に適合した道具を手に入れよう。
そのためにはその道具を自分に適合させる調整をしよう。
適合させるためには自分を知ろう。
これがわかって欲しくてしかたがない澁谷です。


会ってお話してみませんか。気付きを提供します。
ストリンガー改め「カウンセラー澁谷」はお待ちしています。
posted by goforit at 20:37| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年10月29日

ボールリフティングの方法

IMG_1372.JPG
うまくできない人の特長は握ったラケットがどんどん上に
あがっていくことです。
写真のようにグリップを地面と水平になるように握りましょう。
いつもと違う握り方だって?いいのいいの、スイングする
わけじゃないから(笑)。

そしてボールを胸の高さくらいまで弾ませます。
グリップはあまり移動させないで、足腰でちょいとはずみを
つける感じかな。グリップの位置は腰の高さをキープです。

落ちてきたボールをストリングで受け止める時に、打球感の
一端が感じられます。振動の具合や打球音や乗っかり感など
他のラケットを突いた時の印象と比較してください。

しっかり真ん中で受け止められるなら、スイートエリアの
位置まで確認できます。一番衝撃が少なくボールがすっと
飛んでくれるところがどこか。探してみましょう。
自分の打ちたい(打っている)場所とシンクロしているなら
最適なセッティングです。ズレていれば、なんかうちにくいと
思っているはずですよ。

上級テクの持ち主ならフレームを90度回転させてフレームの
横で突けます。うえにあげなくても地面につけばよろしいです。
プレー中にやると集中できて、ストロークが芯を喰った当たりに
なってきますよ。これオススメ。

さて写真でボールを突いているラケットですが…。
これが新春発売のウイルソンのニュープロスタッフ。
なんとケブラー配合が復活です。今では珍しい製品。
あのしなやかな粘りのある打球感がプロスタッフで再現される。

ちょっとウイルソンから離れていたマニアが戻ってくるでしょう。
posted by goforit at 19:42| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年10月26日

ボールリフティングのススメ

go for it ! では仕上がったラケットをお客さんに
チェックをお願いしています。
どうするかというと、ボールを突いてイメージ通りかどうか
確認してもらいます。
いわゆる「ボールリフティング」です。

上に弾ませても床についてもOK。
それで、期待していたイメージに近い、今までと違和感が
ないならめでたく受け渡しとなります。

ところが「これが苦手なのよ〜」とか「突いてもわからん。
実際にコートで打ってみないと」という人も多いんです。
なかにはボールをうまく突けずに、お店の中をあっちこっち
動き回りながら弾ませたり、ボールが転がっていったり。

普段あまりボールリフティングしない人には確認作業に
ならないようです(泣)。

チェックできる項目は非常に多いのでぜひ慣れてほしい〜。
不快な振動はないか、ボールはブレずにまっすぐ上がるか、
スイートエリアの位置は適合しているか、球飛びの具合は
イメージに合っているか、ボールのひっかかり具合は、など。
慣れている人ならかなり多くの情報が得られます。

澁谷もかならず仕上がったラケットをこれでチェックします。
他店で張ったラケット持ち込まれた時も突いてみて、
「こんなイメージの打ち味ですか?」と感じた印象を言って
お客さんとの感覚共有に役立てています。

次回はボールリフティングのコツを披露します。
posted by goforit at 22:18| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年07月13日

大量グリップパック

IMG_1306.JPG
ラケットとボディを結ぶグリップ部分。
接点にこだわるようになると玄人だ、なんて言われますね。
地面との接点「シューズ」やボールとの接点「ストリング」。
ただし、すべてメンテナンスや鮮度で性能を維持しないと
いけません。

グリップテープを頻繁に交換するのはとてもおすすめなこと。
プロ選手は試合ごとに交換しています。
映像を観る限り、汚れているままの選手は見かけません。

え〜い、プロにならって交換のためにまとめ買いじゃー。
そんなユーザーのためにメーカーが一番人気モデルの
徳用パックを発売しています。

ウイルソン「プロオーバー」白×30個セット 6,600円
ボウブランド 白×30個セット 9,000円
posted by goforit at 21:56| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年05月29日

関東梅雨入り

いきなり梅雨になっちゃいましたね〜。
それも5月中だなんてずいぶん早い。

桜の開花も同じく早かったので、今年は「前へ前へ」のリズム
なんでしょうか。

さて、雨が多くなっても熱心な人はプレーすることでしょう。
「ナチュラルは雨に弱いけど、ナイロンやポリエステルなら
大丈夫さ〜。長持ちするよね〜」と思っていますよねぇ?

それ、誤解です。

ナイロンやポリエステルは水分含有量が数パーセントと少なく
水中に入れても水を吸うことはありません。
だから雨の中でもストリングはダメージを受けません。

問題なのは雨ではなく、濡れたボールです。

地面の水分がボールに移り、濡れて重くなります。
そのボールを打つのは通常よりもストリングを大きくたわませ
大きなダメージを与えます。
野球の軟球でラリーするようなもの。
ストリングが伸びきって、ダレてしまいます。

雨降りの中でプレーしたら、次回使用したときになんだか鈍い
打球感や妙に飛ばない印象なことに気付くはずです。

濡れたボールを打ったら、張り替えしないといけないと思って
くださいね。
posted by goforit at 21:39| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年04月19日

持ち球を知ることが勝利のカギ

カウンセリングをしていると「自分がどんなショットを打って
いるかが曖昧でよくわからない」という人がいます。

来た球をなんとなく打ち返しているのでは試合に勝つ可能性が
高くなりません。いや、天才肌な人ならなんとなく打っても
すごいショットになるかもしれませんけど(笑)。

澁谷をはじめとした、センスよりも努力でうまくなろうとして
いるタイプは「このタイミングでこんな弾道のショットをあの
コースへ打つ」と具体的なイメージを持つ必要があります。

そこで持ち球ということをカウンセリングで説きます。
自分の打っているショットの中で、なんだか相手が攻めてこない、
なぜかミスしやすい、リズムが合わないようだなど感じること
ないですが?相手にイヤがられている球ありませんか?
それがあなたの持ち球なのです。

そのショット、あなたしか打てませんよ。
磨きをかけてそのショットからの組み立てで試合の流れを
作れば、勝利がぐっと近くなってきます。

ここで勘違いしがちなのが、自分が打ちたいショットと
嫌がられているショットが必ずしも同じではないということ。
得意なショットというのが気分よく打てるショットになる
ケースがほとんどです。
相手も気分よく返してくるのでは、試合で有利に働かない。

持ち球は打ち合っている他人が一番よくわかっています。
練習を一緒にやっている人に「私の持ち球はなに?」と
聞いてみてください。意外なショットだったりしますよ。

ラケットをあなたに合わせるために、その持ち球を打ちやすい
ストリングや張り方をする必要があります。
私の持ち球はこれっ!と教えてください。
もっと使いやすいラケットに仕上げられます。
posted by goforit at 22:42| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年03月06日

バランスの重要性

IMG_1235[1].JPG
以前「テニスがうまくなる方法」で取り上げたグッズです。

http://blog.goforit-stringer.com/article/42132519.html
http://blog.goforit-stringer.com/article/42143000.html

春到来で試合シーズンになってきたので、特別セールで
お分けします。3月いっぱいで早い者勝ち。
定価14.490円(税込)のところ1万円ポッキリで。
約30%オフなので絶対買いです。通常セールにはならない商品。
在庫ある限りなので、サイズや色が選べるうちにおいでください。
posted by goforit at 21:53| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法

2013年03月01日

風を味方につける方法

3月に入った途端に春一番。
ものすごい風が吹き荒れました。
こんな日にテニスなんて無理でしょう。
いや、試合実施日ならプレーしないといけないのかな?
運営側の判断が気になりますね〜。

さて、今日ほどの強風でなくても風が吹いているときに
試合をすることは日常茶飯ですね。
相手も同じ条件なので文句はいえません。
有利に試合を行うには、いかに悪条件を味方につけるか。

スペアのラケットがあるならばテンションを変えたものを
持っていると有利になります。

風上からのショットは楽に飛びます。むしろ飛びすぎるかも。
→ちょっと硬めに張ったラケットをチョイス。
安心して叩けます。風上サイドではゲームを必ず取りましょう。

風下からのショットは飛ばなくて大変。相手の打球におされ気味。
→柔らかめに張ったラケットをチョイス。
いつもなら飛びすぎかなと思うくらいのゆるさでも、風下では
ものすごく助かります。アウトを恐れずに打ちまくるイメージで。
相手の速いショットでも、ゆるめならミスが減ることでしょう。

コートチェンジのときに持ち変えればOK。
テンション差は5ポンド以上あるといいかな。
同じラケットを複数持っていても、全部同じで張っている人が
多いと思いますが、1本を状況に応じて用意しておくと安心。
3本以上持っていないとできない芸当ですけどね。
posted by goforit at 20:07| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法