2013年02月27日

今後のgo for it ! は

「パフォーマンスアップ」テーマのショップ作りをする予定です。

今までも持っているラケット(フレーム)をプレーヤーに最適に
合わせるためにストリンギングやチューンアップをしてきました。

それ以外の部分はあえて触れてこなかったのですが、もっと
トータルでサポートすることを目標にします。

プレースタイルについてプレーヤーとお話して、どのような
ストリングを選ぶか、どのような張り具合にするか、ラケットを
どのようにカスタムしていくかを決めてきました。

ラケット以外のボディやフットウエアまでをハイパフォーマンスな
商品やコーディネイトをアドバイス・提供していきます。

まずはカウンセリングから、というスタンスは変わらずに。
どうぞご期待ください。
posted by goforit at 21:57| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2013年01月29日

全豪優勝者予想の当選者

tennis-australian-open-djokovic[1].jpg
期待が大きかったフェデラーは冷静さが増したマレーに惜敗。

そしてそのマレーはジョコビッチと対戦したが、お互いサーブを
キープしてタイブレームに突入する競った争い。
しかし均衡が崩れるときはほんのちょっとの差なのだろう。
きっかけをつかんだジョコに対してマレーは踏ん張れなかった。
そこからはどんどん差がついていった。

ズバリ的中したのはやまぎしさん。
錦織のベスト16も当てたのはお見事です!
お好きなストリングをお選びください。
ナチュラルでもポリエステルでも〜差し上げます。
posted by goforit at 19:45| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2013年01月06日

フェデラーベア&ベアリントンベア

IMG_1203[1].JPG
テニス仕様のテディベアが販売中。
ご注文で取り寄せします。

左がユニセフ大使のフェデラー公認のATPベアー。
売上金が寄付されます。1,300円

右がベアリントンのベアー。身長24cm 2,800円

かわいいですよ〜。買ってください(笑)。
posted by goforit at 19:12| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年12月19日

フレームの中折れ

よく聞かれることですが。
「変な音がします。中で折れているんじゃないかと心配で」

ほとんどが当店で張っていなかったお客さん、それも若年層。
どこで吹き込まれたんだか、フレームの中が折れているのって
長年ストリンガーやってますが見たことないです。
外的衝撃を加えれば外から見てはっきりとわかるように
フレームにヒビや折れが発生します。
グリップハンドルの樹脂が折れるのは一部のメーカーで
よく起きていました。中折れといえそうなのはこのくらい。

見た目にわからないから、中で折れているに違いないと。

調べてみるとグロメットやグリップが密着していないために
共鳴していることが多いです。
それ以外では、ストリングの張り具合がよろしくないケース。
ひどいのはストリングが途中で目が飛んでたり揃っていたり。
ちゃんと編まれていなければ、そりゃバインバインと音を
たてますねぇ。

張り替えの際にフレームのメンテナンスを行っています。
不具合があればきっちり直してから張ります。
長持ちするようになりますよ〜。
posted by goforit at 19:20| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年10月10日

究極のスカッシュシューズ

IMG_1154.JPG
スカッシュシューズからスタートして、現在ではカジュアル
スニーカーまで販売されているHI-TECH。
そのハイテックから最高級の競技用シューズが発売されました。

巷で入手できるスカッシュシューズは、機能がいまいちだった
ようで、バドミントンやその他の体育館競技用シューズを
代用していた人が多いと聞きます。

今回発売されたモデルはその悩みを一気に解決です。

まずはソール部分から。
色が移るからとゴム色そのままだったソールでしたが
「ノンマーキング」スタイル、メンズサイズは人気の黒で登場。
「グリップは抜群」で、試合会場などのホーム以外のコートでは
滑りやすいと感じていたケースでもしっかり止まります。
対戦相手と接近するスカッシュでの、かかとが踏まれる事故を
「ヒールカップ」採用したことでアキレス腱を保護します。
「耐久トゥ」は素材を工夫して、痛みやすい場所までカバー。
「クッション性能」も向上して疲れにくくなっています。

続いてアッパー部分。
ハイテックは幅狭で日本人に合わないイメージですが、このモデル
は「やや幅広」に変更してフィットしやすくなりました。
「メッシュ生地を広く使用」してデザイン的にも通気性もアップ。
「斜め掛けレース」により目立つデザインと、最適なフィットを
生む非対象の靴ヒモ方式です。


HI-TECH V-LITE INFINITY FLARE
(ハイテック Vライト インフィニティーフレア)

レディースサイズ(シルバー+ブルー)22〜24cm
メンズサイズ(ブラック+イエロー)24〜28cm
価格は12,500円+TAXです。当店では10%OFFでお分けします。
posted by goforit at 21:10| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年08月21日

Wi-Fi使えます

IMG_1127[1].JPG
澁谷が西武スポーツからストリンガー協会に転職するときに
「もう一度テニスコーチしたいなぁ」と短期で仕事したのが
プリンスリゾート&ホテルのテニスコーチ。
こう見えてもJTA公認指導員資格持ってましたから(えっへん)。

学生時代にも夏休み期間中は箱根プリンスに1ヶ月行きっぱなし。
プライベートレッスンオンリーの仕事してました。
そのときのツテを頼って「仕事させて〜」と責任者コーチに
お願いしました。

品川(高輪)・新横浜・萩山などのプリンスホテル系列の
スクールから軽井沢・箱根など全国のリゾートホテルへと
派遣されるので、1週間単位でメンバーが入れ替わります。

全日程を通して勤務するのは責任者しかないので、フルで
参加できるなら便利だとめでたく採用してもらえました。

そのときにお世話になった責任者は、独立してまだコーチを
やっています。「20年ぶりにひさしぶりに会いたいねぇ」と
常連さんを通じて連絡がありました。

それなら直接連絡しますよ。MixiやFacebookやってますかね?
「あー、SNSはやっていないようだよ」
そうですか。じゃパソコンでHP経由でメールを…
「あー、パソコンは使えないようだよ」
えーじゃ携帯のメールなら…
「あー、メールは使えないようだよ。通話だけ」
なんと〜。

いまどき連絡手段が電話のみというのも不便な話ですが、50歳
過ぎると新たなことに着手したくないのは理解できます。
ひとつだけあればとりあえず関係が切れずにいられるということ。
もちろん世間が狭くなりますが、広げようとしないでいるなら
問題はないのでしょう。

澁谷自身が時代に乗り遅れかけていますが、なんとか助けて
もらいながら頑張っています。


Wi-Fi使えます。
ソフトバンクの人が「無料です」と置いていきました。
posted by goforit at 20:26| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年07月01日

初回講演開催しました

今回のテーマ
「ストリングの種類と生まれた経緯について」
「ストリングの種類の性能の違いとプレースタイルの相性」

ストリングの小ネタを織り交ぜながら、2時間の講演は
あっというまに終了しました。

来場された方の知識がどのくらいかを確認しながら
内容をわかりやすくしたり、より突っ込んだ説明をしたり。
初回なので流れは臨機応変を心がけ〜。

自分が使っているストリングがどんなタイプかを理解して
適しているかを確認してもらいました。

参加者の感想は「内容が濃くて、とてもお得な講演」と
いうことでした。


ストリングの違いはよくわからない、本当に自分に合った
モデルってなんだろう、知ればもっとプレーがよくなるかもと
感じている人は多いでしょう。
いや、ほとんどのプレーヤーがそうだと思われます。
発売されているストリングのほんの一部しか使ったことないの
ですからそりゃ当然です。

ストリングの特徴・特性を知り尽くしたストリンガー澁谷が
あなたに合うストリングや張り方を見つけるお手伝いをします。
そのための予備知識や自分のプレーを見つめなおすために
この「ストリング講演会」をご利用ください。

わからない人ほど歓迎です。無料なので参加しないとソン!
posted by goforit at 16:57| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年04月30日

テンションシール続き

IMG_1067.JPG
ストリング各社のテンションシールです。
パッケージに入っているメーカーが多いのですが、
ほとんどが紙製です。

コスト的には安いのでしょうが、貼ったあとが大変なんです。
張り替え時に剥がして新しいシールを付け替えるのですが、
紙はうまく剥がせずに破れたり糊が残ったり。
それに書いてあるデータが退色して消えてしまいことも。

go for it ! ではPPシールを使用してはがれにくく破れにくい
ものを特注で作っています。表面は記入した後ラミネートする
カバーをかぶせるスペシャルな規格。
もともとUSRSAオリジナルであったものをアレンジしました。
ゴーセンも同様なスタイルを張人シールで採用しています。

これらのシールはあまり貼られているのは見かけません。
それでも他店で張ったラケットを持ち込まれたときに、
ちょっとでもシールが貼ってあれば参考になります。

まったく貼らない店やテンション数値しか記入していない店も
ありますが、再びそのラケットを張る時にどうするんだろう?
前回と同じで、と言われたらお客さんに「何ポンドで何を
張ってましたか?」と聞くのだろうか…。う〜ん。
posted by goforit at 21:43| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年04月29日

テンションシール

IMG_1063[1].JPG
フレームの内側に貼ってあるデータ記載のシール。

go for it ! では必ず貼るようにしています。
ここにはどのように仕上げたかの情報が満載です。

「張った日」前回そのラケットはいつ張ったものか。
プレーヤーの張り替えサイクルや季節がわかります。
それによってもっと早く張り替えを勧めたり、季節によっての
テンションの上下を提案できたりします。
だから何年の月日まで記入しないといけません。

「張ったテンション」どのくらいの強さで張ったか。
使った感想によって、張り具合の上下する基準にします。
テンション数値はあえてポンド(Lbs)とキログラム(Kg)を
併記しています。50 Lbsと22.5 Kgと両方書いています。
これは日本ではイギリス式ポンドが一般的に浸透していますが
世界的にはキロで表すことが多いからです。
ツアー選手のデータなどはキロしか書かれていないことも。

「張ったストリング名」なにを張ったか。
メーカー名までは記入しませんが、モデル名と太さを記載。
記入するスペースの関係で澁谷がわかるように省略しています。
MCS 16とか。ゴーセンのミクロスーパー130のことです。

「面圧数値」仕上がった面圧(DT)はどのくらいか。
張りあがった直後に、面の固さがどのくらいかを測定して
数値を記入しています。同じテンションで張っても同じ固さに
仕上がったかどうかはわかりません。たぶん同じだろうと
ポンポン叩いてみても、半年以上前と同じだとは限りません。
だから、同じ固さかどうかを機械で測る必要があります。

「ゴーセンの張人」という資格がありますが、その認定された
人だけが使用できるテンションシールがあります。
そこにもDTという面圧数値を記入するスペースがあります。
オフィシャルを経験した人は測定マシンを使用してデータ管理を
するのですが、そこに記入しないということはマシンを持って
いないということ。張人のポリシーからすると失格ですね。
自分の張った店のシールが張人なら見てください。
ほとんど記入されていないので悲しくなります。


それ以外にもgo for it ! ではシールに細かいデーターを
記入しています。ごちゃごちゃして見ずらくになることも。
主に張り方のスタイルや工夫を書いています。
横糸は上から張ったか下からか、スイートエリアの位置を
どこにしたか、振動を少なめになるように張ったかなど。
前回にカウンセリングしてプレーヤーが希望した内容が
そのままわかるようになっています。

すごく大切な情報。
剥がさないでおいてくれると幸いです。
posted by goforit at 22:21| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2012年03月12日

フレームヒビ補修

IMG_1034[1].JPGIMG_1037[1].JPGIMG_1040.JPG
はっきり折れていればあきらめもつきますが、ちょっとの
ヒビならなんとかしたい、というケース。

ヒビは持ち主が気付かないことが多く、受け付けた時に
「ここにヒビが…」と指し示して「えっ!?」と驚くのが
普通です。
ヒビはしだいに直るものではなく、むしろ進行するもの。
次第にカーボン繊維がとんがりだして、刺さると大変危険。

張っても耐えられそうな場合は補修してみます。
ダメそうなら買い替えを進めます。

今回は塗装がぼろっと剥がれた横に伸びている10mm以内のヒビ。
う〜む、場所も状態も微妙ですねぇ…。
テンションが高くないのでなんとかなるかと、持ち主に駄目元で
トライという条件で補修してみました。

1:まず付近をリムーバーで汚れを取り、状態を明らかにします。
2:そして樹脂を盛って固めます。
3:十分硬化したうえで塗装をして修復します。

張っている最中に盛ったところが固まったままならOK。
とりあえず使用には問題がなく、延命できる事例多いです。
盛った樹脂が浮くと失敗。ヒビが止まらず広がった証明です。

今回はうまくいったようです♪
長生きするといいですね。
posted by goforit at 19:19| Comment(0) | ◆店舗のサービス