2014年12月24日

トアルソン「Pandora」買ってみた

pandora.jpg
今年になって高価格帯のフレームを各社が模索しています。
ウイルソンのプロスタッフ97フェデラーモデルが39,000円。
プリンスのTeXtreme(テクストリーム)EMBLEM(エンブレム)
が42,000円。
ヨネックスのREGNA(レグナ)が43,000円。

それぞれ高性能素材などを使用してチャレンジしていますが
高価格帯の商品を求める消費者がいると判断したのでしょう。
世相的には高収入層が増えているかもしれませんが。

そして今回突きぬけた商品が登場しました。

トアルソンから発売されたPandoraパンドラ。

全世界で限定200本です。
グリップは2しかありません。
価格は7万円です…!

なんでこんな価格かというと作るのが大変だから。
なんと左右非対称のフレームです。
ラケット工場でも熟練の職人がいるところで、なおかつ
手間がえらくかかるのでコストがとても高いのが原因。

これを企画したのが澁谷が尊敬するフレーム開発屋さん。
ブリヂストンのラケットを初期から企画して、競技層に支持
されたモデルを生み出した人です。
今年からトアルソンに移って、制約なくフレーム作りを
することになりました。

20年ほど前にストリンガー協会の仕事で取材したときに
名器プロビーム開発についてお聞きしました。
当時のラケットで圧倒的プロモデルだったのがミッドサイズが
サンプラス使用プロスタ85と、オーバーサイズはチャン使用
プリグラ110。誰もが使いたがる頂点のラケットでした。

ウイルソンのプロスタッフは85や110、125などがありました。
プリグラ110好きな人がプロスタ110使うと打球感が柔らかすぎ。
プリンスのグラファイトにも90と110、125がありました。
プロスタ85好きな人がプリグラ90使うと硬く扱いにくい。

同じモデルでミッドとオーバーがそれぞれ使いやすいモデルが
理想だという発想から、プロビームはちゃんと打球感を揃えて
プロスタ派とプリグラ派からの乗り換えを促したのです。
いまだに打球感優先競技志向のX-BLADEへ受け継がれています。

好きなようにフレームを作っていいよ、と言われれば
一体どんなものができるのか。
それがこの驚愕の形状です。
まさに「パンドラの箱」を開けてしまったモデルです。


張ったレポートと打ったレポートを後日アップします。
posted by goforit at 21:24| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年11月23日

バドミントンにもウエイト付きが

bad.JPG
テニスでは一般的なチューンの後付け重量追加のカスタム。
古くはヤマハやフィッシャーなどでアドオンのパーツが
標準装備されていました。

ソフトテニスやスカッシュ、ラケットボールなどテニス以外の
ラケット競技ではほとんど見かけないカスタム方法です。

もともと重量があるテニスフレームでは3g追加しても
1%くらいの増加です。
それでも付ける場所によっては大きな変化になります。
選手の中には鉛テープをベタベタ20gくらい付けて
プレーする人も。もはや別物となります(笑)。

バドミントンのフレームは90〜80gなので、1%で0.9g。
1円玉の重さ以下です。
この追加パーツを測定しても1gに満たないものでした。

それでも大きな違いになるのかな?

グリップテープが5gくらいで、巻くとテニスでもトップが
バランス相対的に軽く感じます。
バドのほうが影響大きそう。
posted by goforit at 20:33| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年11月07日

スカッシュでもスピン用ラケット

sukasshu.JPG
テニスではウイルソンがストリングパターン粗い「スピン用」
ラケットを推しています。
他社は今のところ様子見ですが、来春には各社からでてくるかも。

かと思えば、スカッシュでスピン用が発売されました。
プリンスのPROBEAST(プロビースト)750です。
左が普通のパターンモデルで、右がプロビースト。
メインストリングは14本とまぁ普通ですが、クロスが従来よりも
15本とやや少なめです。

それほどスピンを掛けて打つ印象がないスカッシュ。
振り抜き感と球飛びを向上する効果の方が高いかもしれませんね。
posted by goforit at 22:25| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年11月02日

ヘッドの旧式モデル パレット

パレット.JPGヘッドの帽子.JPG
ロングセラーだったプレステージ系のラケットですが、
キャップなどのグロメットは比較的最近まで適合できたので
交換ができました。

パレット交換を依頼されたので、これも大丈夫だろうと
メーカーにパーツを注文したら…。

なんと現在のモデルとは形状が違うので適合しないと返答。

ええっ?なにが合わないというのだろうと調べてみたら
グリップハンドルの上部分の帽子みたいなパーツが問題。
特に性能に反映しない飾りみたいなパーツですが、ここに
パレットを潜り込ませてはめ込む方式でした。
現在のモデルはこの帽子がないのでパレットが傾斜させて
あります。

フレーム土台には、問題なくはめられるので帽子部分に
合わせてカットすればよいのですが、ちょっと段差が
できてあまり自然ではなくなります。
使用には問題ありませんのでデザイン優先派はこちら。

この帽子パーツは土台に接着されていないので、カッターで
慎重に切れ込みをいれて外せば現在のパーツでも自然な
仕上がりになります。デザイン変えても可ならこちら。

さらにパレットの内側に振動吸収のゴムが入るケースも
ありました。プレステージ系でも一部モデルに装備されて
いたようです。装着するための溝が標準仕様ですが
いれない状態でも使用に不都合はないようです。
posted by goforit at 20:08| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年10月19日

寄贈:旧式プリンス

プリンス.JPG
シングルラインのプリグラとプリンスプロです。

プリンスプロは金属フレームにプラスティックのブリッジが
はめ込まれたタイプ。独特のしなり感が懐かしい人も多いはず。
金属でも柔らかいので、変形やすいのですがこれはきれいな品。
グロメットが痛むと金属むき出しになるので、よくストリングが
切れました。
当時ナチュラル張っている最中に切れてかなりヘコみました〜。
張りなおしたけど同じところでまた…。泣きましたねぇ(笑)。

ありがとうございます中野さん。
posted by goforit at 19:26| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年09月29日

PRO STAFF RF97

IMG_1422.JPG
早くも張りを依頼してきた常連さんが〜。
まだ発売前なはずだが?
どうやら海外発売品らしく、当然試打をされていないとのこと。

どれどれ張ってみよう。
う〜ん?フレーム分厚い割に結構しなるフレームだ。
張っている最中にフレームの挙動で判断できるのだ。
でもしなって変形するわけではないよ。

仕上がったからボールをついてみよう。
おおっなんだこの感触!
しっとりとボールをつつみながらスイッとあがる。
面の安定性があきらかにスゴい。
最近のBLX系にはなかったぞ、こりゃ。
振動も少なく打球感は優しい。

タッチを重視する方にはいいラケットです、これ。
posted by goforit at 20:47| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年09月23日

プリンス VORTEX

IMG_1418.JPG
スタガード(千鳥格子 ジグザグな)スタイルのストリング
パターンのラケットです。
この手のスタイルはプリンスやスラセンジャーにあり、
ぱっと見は異様な感じがしますが、張り方はいたって普通です。

面安定性の効果を狙った工夫です。
posted by goforit at 20:09| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年08月16日

寄贈ラケット大量

IMG_1405.JPG
開店以来からの常連さんがご自分の履歴ラケットを大放出。
これ以外にもありますが、写真に写りきれないので割愛します。

主に愛用していたブランドはヨネックスで、放出していない
近年のラケットもヨネックスばかりでした。

アイソメトリックプロ スーパーミッドはすごいしなりが
印象的なラケットでしたね。
現在のV-CORE tourGに通じる柔らかさ。

展示コレクションに加えさせていただきます。
ありがとうございます麻生さん。
posted by goforit at 20:03| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年08月09日

ファインショット寄贈

IMG_1401.JPGetc_08b.jpg
フタバヤの名品FINE SHOTを寄贈いただきました。

カバーはビニールではなく布製。
味がありますね〜。

フタバヤはカワサキと並ぶ日本のウッドメーカーでした。
澁谷が西武にいた当時、フタバヤラケットはすでに木製から
グラファイト製になっていましたが、ブラッククリスタルや
トラサルディ、ランセルなどの違うブランドフレームを制作
販売することもしていました。
それでもウッド芯で外側がグラファイト(だったかな?)の
コンポジットでハイブリッドな試みをしていたのが印象的です。

フタバヤはそのころ後楽園ベスクという会社になっていました。
親会社が現在の東京ドーム。
そのベスクも15年ほど前に解散してしまいました。

木製のラケットはもう作れません。
職人だった方もかなりの高齢でしょう。
歴史としてスピリットや製法などを残していただければ…。

今のフレームの方が優れているのは当然ですが、当時の
試行錯誤や改善方法などの姿勢は引き継いでほしい。

そしていつかまた日本から革新的なフレームメーカーが誕生する
のを見てみたいものです。
posted by goforit at 19:38| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年08月01日

フェデラーモデルお披露目

934804_10152590714724941_5210484271789951939_n.jpg10404362_10152590714794941_2120140759757993721_n.jpg
新作のコスメティックが発表。
黒塗りとはがらっとイメージが変わり、赤が目立つ印象に。
posted by goforit at 22:47| Comment(0) | ◆フレーム歴史館