2017年11月17日

ラケットとは「フレームとストリングで完成」ではない

買うなら安いほうがいい、と書きました。

同じものなら、ね。

ウエアやシューズだったら澁谷も同感です。
ところがラケットにおいてはそうではないと
断言したい。はげしく訴えます!

ラケットは3つのパーツで完成します。
フレームとストリング、そしてストリングを
張る工程です。

フレームとストリングはどこで購入しても
同じものでしょう。
国内版と海外仕様では異なるメーカーも
ありますが、理解している人ならITを
駆使してお得に購入して問題ありません。

同じとは言えないのが仕上げる張り工程。

50ポンドで張ったとしても、お店が異なれば
すべて仕上がる固さが違う、といっても過言
ではないくらいです。
実際、面圧測定器にかけると、仕上がりが
固い店と柔らかい店では、なんと10ポンド
くらいのばらつきは平気であります。
本当に「50ポンドで張った」のに〜です。

さらに、ボールの飛び具合や面の安定性、
不快な振動のあるなしやストリングのズレ
具合、打球感の維持期間など。
同じでないことをあげればキリがありません。

プレーの結果を支えるべき道具なのに、
こんなにも違っていたら頭かかえますよね。


最上級の食材を用意しました。
これをベテランのシェフがお客さんの口に
合うように工夫して仕上げた料理。
マニュアルにしたがって調理するチェーン店
コックが仕上げた料理。
ネットで作り方を調べて自分で仕上げてみた。

それぞれ単独なら「おっ、うまいじゃんー!
さすが最上級の食材〜」となりますけど…。
並べて食べ比べてみたら、そりゃ同じでは
ありませんよねぇ。


そうです。「同じではない」ピンとこないのは
実際に比べてみたことがないから。
または比べてみたことあるけど、「うん?
なんか違うな…いや同じだから気のせいだ」
と目をつぶってしまったため。

思い込みは成長を妨げます。
気づくことが大切。
posted by goforit at 22:37| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年07月21日

LENDL PATTERN

IMG_0137.JPGIMG_0138.JPGIMG_0139.JPGIMG_0140.JPGIMG_0141.JPGIMG_0142.JPGIMG_0143.JPGIMG_0146.JPGIMG_0148.JPGIMG_0149.JPGIMG_0150.JPGIMG_0152.JPG













張り手順の一例です。
仕事が終わらないので詳細は後日。
それなりに手順やストリングの
選び方やテンションセッティングに
理由や狙いがはっきりあります。

かっこいいからなんとなく‥
はじめはそれでも構いませんが
せっかくやるならイメージは明確に。
そのほうが楽しいですよ。
posted by goforit at 22:42| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年07月18日

レンドルパターンの画像

10926810.jpg
海外のサイトを漁っていたらありました。
これっすね。

youtubeにも張り方紹介ありましたが、
張っている人がそれほどうまくない気がします。
マシンもラケットも古いし。
↑えらそ〜なコメント(笑)。
posted by goforit at 20:39| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年07月17日

レンドル張り

IMG_0152.JPG


最近噂になっているのでしょうか、
あちこちから依頼があります。

なんでもシニアツアーに出ている
イワンレンドルがボスワースの
ラケットに変な張り方をしている、
興味がある、go for it ! では張れるか?

どんなかな?と調べてみたら画像の
張り方です。

え〜っと、昔はこんな張り方して
遊んだりしていたなぁ、と懐かしく
なりました。
張り方のオリジナルはウイルソンの
コブラかエクストラだっけかなぁ?
変形し易い初期のスチールのデカラケの
ストリンギングパターンが元です。

張り方の手順を次回説明します。
posted by goforit at 22:36| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年05月05日

ストリングがやたら切れる年齢

小学生低学年のころから来てる常連ジュニア。
進学して体も大きくなり、私学で部活も始めました。

途端にストリングがバシバシ切れるように…。
さすがに親御さんが頭を抱えています。

それまでも数ヵ月で切れていたので、ナイロンモノ
1.35mmあたりをロール買いで対応していたのですが
追いつかなくなり、まずはラケットを5本に増やして
切れても試合に間に合わせようとしてました。

しかし、それだけあってもすぐに切れていくので、
とりあえず縦糸だけポリエステルにチェンジして
ハイブリッド仕様にしてみました。

そしたら打球感が固くてイヤだと不満をもらすように。
柔らかいフィーリングのポリエステルを試させたら
悪くないというけど、柔いのはやっぱ切れやすい。
ハイブリッドにしても切れる期間が変わらないなら
意味がないなぁ。

さてどうしましょう。

価格が安くて切れにくくて打球感が固くないもの?
考える時間を数日いただいたので、連休中に頭を
ひねってみます。
posted by goforit at 21:30| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年04月23日

O3 (オースリー)パーツ交換

FullSizeRender.jpgIMG_0019.JPG





はめ込み式のシルバー色のパーツ。
これを外すには専用工具が必要です。

プラスチックの押出し具で、内側から
差し込み、木槌で叩き出します。

本来パーツ交換用として使用するもの
ですが、当店ではパーツの間の砂を
取り除くために外すのに利用します。
いわゆる「バラし」て掃除する用。

この用具がないと外すの不可能です。
普通のフレームならバンパーだけ
なので、砂出しはバラさなくても
できますが、特殊系だと専用に
メンテナンス方法を編み出すのが
楽しい〜。

修理オタクのストリンガー澁谷でした。
posted by goforit at 22:42| Comment(1) | ◆ストリンギング

2017年04月19日

仕上げに美しさを(サイド面編)

IMG_0030.JPG


ストリングを張る道筋があります。
縦糸横糸を通す穴は決まっていますが
どのように通過するかは自由です。

ただ、マニュアルというものがあり、
一応正しい通し方や止める位置の
指定は存在しています。

しかし、そのとおりに張ると画像の
黒糸のように3本重なったりして
「大変混み合っております」状態に
なり、美しくありません。

仕上がりはストリンガーの作品で
ある、と考える澁谷はなるべく
スマートな見た目になるように
工夫して張っています。
それが黄色糸の通し方。
スッキリしています。
posted by goforit at 22:46| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年04月17日

五感で張る

張っている際に感覚をフルに使用しています。

五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。

「視覚」はストリングを見て状態を判断。
痛みはないか、ねじれてないか、太さに
違和感はないかなど。
端切れを見て「この糸はなにか」を当てる
遊びもよくしています。
ストリングの特徴を記憶する役に立ちます。

「聴覚」は張っている最中の指で弾く音や
ストリングの交差音の確認で使います。
テンションが正しくかかっているか、異音が
出ていないか、フレームから傷んだ音が
発生していないかなどチェックします。

「触覚」はストリングを指で触った時の
感覚で表面が傷んでいないか、粘り具合の
違和感がないかなどを確認します。

「味覚」は、なめてみることはないので
ボールを突いて打球感を味わう「打感」に
置き換えます。
仕上がりの状態を自分で確認します。
振動は快適か否か、球飛びや面安定性は
適正かどうか。
スイートエリアの位置は適切かなどを
チェックします。

「臭覚」はパッケージから開けたときの
ストリングのにおいを嗅ぎます。
何の役に立つのかというと、メーカーに
特有のコーティング臭がある気がします。
特にナチュラルはトリップできます(笑)。

ニュー缶ボールを開けたとき、思わず
鼻突っ込んでにおい嗅ぎませんか?
それと同じです(えっ?しないですか)


数日前から耳付近のリンパが腫れてるのか
耳がキーンとしてよく聞こえません。
ああ、五感がフル稼働しないと仕事に
リズムがでないなぁと実感しました。
posted by goforit at 18:15| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年04月14日

仕上げに美しさを(タイオフ編)

IMG_0021.JPG


ストリングを結び止めるノットの方法は
様々なスタイルがあります。
一重結びや二重結びに始まり、店や
張り手によって独自の特徴があります。

同業者が見れば「この形はあの店」と
すぐにわかります。

ストリンガー澁谷はダブルノットの
変形のオリジナルでしょうか。
ストリンガーデビューした頃、同僚が
編み出した方法を自分なりにアレンジ
して、それ以来30年以上、基本形と
してずーっと使用してます。

親指を立てたポーズに似ているので
「グッジョブ ノット」と命名して
おります(笑)。いい仕事してくれます。

しっかり止まってホールを傷めない。
これ大切!
posted by goforit at 22:12| Comment(0) | ◆ストリンギング

2017年04月12日

仕上げに美しさを(目揃え編)

IMG_0014.JPG


張り上がったらマス目を揃えます。

以前はそれほど気にしておらず、多少
ズレていても平気でした。
といっても1mmにも満たないくらいの
ズレで打球感にはさほど影響がないと
思っていたからです。
お客さんの中にはものすごく気にする
人もいて、自分の指で微妙に揃えたり。

ある時バドミントンの営業マンが
きたので仕上がりの採点をしてもらうと
「固さはばっちりですが80点」
ほぅどうしたら満点になるの?
「目揃えを完璧にしたら100点です」
えぇそこに20点もあるのぉ︎
「バドミントン業界ではそうですね」

なるほど〜。
プロである者は細かい部分もちゃんと
しなければね。
それ以来縦横斜めから見ながら、目を
真っ直ぐに命をかけて揃えています。

美しいもんだ(笑)。
posted by goforit at 20:30| Comment(0) | ◆ストリンギング