2013年09月04日

一生ポリエステル宣言…

昔、ポリエステル系ストリングの登場は衝撃的でした。

かれこれ20年前でしょうか。
ルキシロンのストリングが日本で発売されました。
そのころテニス専門誌に連載をいくつか持っていた澁谷は
「これからはポリエステルの時代だ!」と一人あおって
誌面に登場させて、注目してもらおうとしていました。
たぶん一番早く熱にうなされた一人だと思います。
なにそれ?という状況だったので(笑)。

当時のポリエステル系は硬く張りにくい製品が多かったので
お店では「切れにくいストリングなんて商売にならん」とか
「張りにくくて作業効率が悪い」「硬くて飛ばない」
「振動が多くて手が痛い」とか、さんざんな評判でした。

それでも独特の球乗りと抑えが効いた打球感にとりこに
なっていた澁谷は「私は一生ポリエステルを使うっ!」と
自ら宣言していたのです。

振り返ると30代のバリバリだったころです…。

そして50を越えた今、ヨイヨイになった澁谷は宣言撤回。
「う〜ん、最近はナイロンのよさが身にしみる」(苦笑)。
もちろんポリエステル系も新製品試しているので使いますが
40ポンド近くのローテンションで面安定性を楽しむ方向。

はっと気付くとポリエステル系新製品はぞくぞく出ますが
ナイロン系の名品が廃番になっていたり、新製品が出て
来なかったりと、ちょっとお寒い現実が…。

ナイロンも勢力を盛り返してほしいと願うおっさんでした。
がんばって、ゴーセン&トアルソンの日本勢。
posted by goforit at 20:40| Comment(1) | ◆ストリング情報

2013年08月25日

キルシュバウム SUPERSMASH ORANGE

IMG_1341.JPG
ポリエステルストリングの草分けスーパースマッシュ。
かれこれ20年以上前に発売されたロングセラーですが
さすがに当時とはプレースタイルやフレームが変わって
それに適合した新製品が必要になってきました。

コーティングがマイルドで耐久性が向上したモデルの
スーパースマッシュ「オレンジ」が発売。

表面がガリっとして乗っかりながらシンプルに弾く独特の
打球感の元祖とは印象が異なりますが、今風な打球感がグッド。
ソフトに乗っかりながらグンッと伸びる感じです。

なんとなくシグナム「ポリプラズマ」に近いかな。
それよりも振動吸収性は高くなく、もうちょいダイレクト感が
あり、球飛びはもうちょいあるような。
コントロール重視の方に合いそうです。

ゲージのバリエーションは7サイズあった元祖よりも大幅に
少なく1.23mmと1.28mmのみ。やや細めの123が万人受けします。
当店では1.23mmをご用意しています。

価格1,900円
posted by goforit at 19:27| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年07月29日

張人限定「USハイパーソフト」「モノ ドミネイター」

IMG_1314.JPG
前回に続いて、ゴーセン張人限定ストリングの新製品
ラインアップからの紹介です。
今回紹介するのはUSハイパーソフトとモノドミネイターと
いうモデル。

USハイパーソフトは、最高機種のひとつナノキュービックを
ベースにポリウレタンを二重コーティングしたバージョン。
ナノキュービックは超攻撃的なモデルの代表「AK PRO」と
同じ海島構造ですが、打球感は非常にマイルドでしなやかな
性能のモデル。
そこにホールド感を加えて、コントロール性やスピン性を向上
したのがUSハイパーソフトでしょう。

モノドミネイターは、ミクロスーパーに代表されるシンプルな
モノフィラメントにポリウレタンコーティングを施した製品。
これは以前販売されていたWINTEX400のマイナーチェンジ版。

前回のセレブマルチを含めて、既存の製品にポリウレタン
コーティングを追加して今風の粘り感をだした印象です。

US HyperSoft 16 USハイパーソフト16

素材:ナイロン
構造:海島型モノマルチ
太さ:1.30mm
長さ:12.2m
色目:ナチュラル
価格:2,700円

Mono Dominator 16

素材:ナイロン
構造:モノフィラメント
太さ:1.30mm
長さ:12.2m
色目:ナチュラル
価格:2,000円
posted by goforit at 20:23| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年07月28日

張人店 限定ストリング「セレブマルチ」

IMG_1313.JPG
ゴーセンの張人として登録されているストリンガーの店
限定のストリングがあります。

プレイヤーの細かい希望をかなえるための特注バージョンの
製品で、通常ラインアップよりもさらに踏み込んだ性能の
モデルとされています。

なぜ張人店限定かというと、商品説明をしてプレイヤーに
フィットさせるためのしっかりした張りを工夫する必要が
あるから。勝手に選んでもらうのではなく、一緒に考える。
ちゃんとコミュニケーションが取れるお店にしか置かない。
ゴーセンはこのように考えているのでしょう。

今年からラインアップを増やしています。
今回紹介するのはセレブマルチというモデル。
以前あったランプリールという、テックガットに耐久性と
粘り感を加えたモデルの限定バージョン。
ゲージが気持ち太くなっていますが、ほぼ同じでしょう。
価格は下がって購入しやすくなっています。


Celeb Multi セレブマルチ

素材:ナイロン
構造:マルチフィラメント
特長:耐久性向上のための側糸
   ホールド感向上のためのポリウレタンコーティング
太さ:1.30mm/1.24mm
長さ:12.2m
色目:ナチュラル
価格:2,500円
posted by goforit at 19:36| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年06月16日

SOLINCOのロゴマーク

IMG_1279[1].JPG
ステンシルプレートいただきました。
輪っかです(笑)。基本指定色は黒。
ものすごく単純ですが、今までなかったマーク。
ベタ塗りの丸なら黒がBOW BRAND、赤がGAMMAです。

入れる場所がフェイスの一番下のセンターを推奨。
う〜ん振動止めにカブるところですねぇ。
止めが汚れやすくていかんから、ちょいずらして塗るかな。

もらった資料によると、ダビデンコも契約選手になっています。
彼はよく契約を変える選手でして、ストリングメーカーが
他にないモデルを出すとダビデンコ使用とか書かれていたり
します。パフォーマンス追求人なのか、それとも頼まれると
断らない性格なのか、はたまた…。

写真に載っている「ツアーバイト」がストリングフォーラムと
いうサイトで昨年もっともスピンがかかるポリエステル系
ストリングの称号を得たようです。

以前の紹介記事はこちら↓
http://blog.goforit-stringer.com/article/61676012.html
posted by goforit at 18:05| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年03月31日

ストリングの太さの流れ 続編

細いゲージをお勧めした前編。

しかし細いストリングにも弱点があります。
切れやすいことと面の安定性に欠けること。

スピンでコントロールする人なら安定性はそれほど気にならない
でしょうが、その分切れやすくもなるジレンマ。

特に最近ではラケット性能が高反発になっているために
飛びすぎてしまい、インパクトのズレがベースラインに
達するときには大きくブレてきます。

そんなときに飛びすぎないポリエステルに転向するのが普通。
ところがポリエステルは衝撃が大きめでスピン性能もそれほど
強力ではありません。

そんな時にはナイロンの太めを試すのもアリです。
ゴーセンの1.42mm「ハイシープ」や最大1.39mmの
「ストロングダイア」などいかがでしょうか。
ハイシープは表面がザラついているタイプ、ストロングダイアは
凸凹にしてあるタイプで、ともに軟らかめな打球感。

ポリエステルの打ち味は苦手な人、故障が怖いジュニアに
おすすめなストリングです。
posted by goforit at 20:51| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年03月30日

ストリングの太さの流れ

グロファイトのミッドサイズのフレームの台頭とともに
ストリングの太さは細くなってきました。
ウッドレギュラーの時代では1.40mmクラスが普通でした。
現在、ナイロンやナチュラルでは1.30mmの直径太さが標準と
されています。

この太さがスピンを多用してスピードボールを打つ今の時代に
適合した「切れにくさ・面安定性・球飛び」のバランスが取れて
いるからです。
それ以上太くなると「切れにくさ」「面安定性」に優れます。
それ以上細くなると「スピン性能」「球飛び」に優れます。
プレースタイルやフレームの相性によって多少異なりますが
おおむね適合する太さの基準にするとよいでしょう。

プレースタイルがスピン性能・ボールスピード優先なら
1.27以下の細いゲージがおすすめ。1.25mmくらいなら豊富に
商品があります。比較的入手しやすい製品を挙げてみましょう。

ナチュラルならもっとも細いモデルはパシフィックの8.0ゲージ。
およそ1.23mmくらいでしょうか。
ナイロンモノではプリンスシンセティックDFの1.18mm。
ナイロンマルチではテクニファイバーX-ONEの1.18mm。

細いゲージに慣れてしまうと、軽やかな打球感と振り抜きの
よさや球飛びの鋭さに魅了され、太いモデルに戻れなく
なる人が多いですね。

なんとなく選ぶのではなく、ストリングの細さを気にしてみると
プレーが変わりますよ。
張り替えの際にご相談ください。新たなステージにご招待!
posted by goforit at 21:24| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年03月11日

ポリファイバーPANTHERA

IMG_1236[1].JPG
ポリエステル系ストリングの中でもちょっとユニークなモデルを
発売しているポリファイバーからの新製品。

パンテーラは豹。英語のパンサーですね。
一気に襲いかかる俊敏性を持っている、というイメージを
ストリング性能になぞらえたようです。

最近のポリファイバーラインアップの中ではシンプルに
ポリエステルオンリーで構成されました。
それでも性能が異なる2種類をブレンドしたようです。

最高機種としてリリースされたブラックヴェノムは、球飛びが
良好でありながらマイルドさを兼ね備えたモデルでしたが
それよりももうちょっとハードな打球感を狙った印象。

色はやや透明な赤。

ちょい硬めな打球感と色は、キルシュバウムのプロラインNo.1に
似ている気がします。

昨年末に発売されていたらしいのですが、お客さんから入荷を
せかされていたため、事あるごとに問屋さんに「出た?」と
聞いていました。担当さんがうっかりしていて入荷情報を
流してくれなかったので調達が遅くなりました。
たしかに代理店のHPにも掲載されていないので、まだだと…。

すみません!

POLYFIBRE「PANTHERA」

素材:ポリエステル
構造:モノフィラメント
長さ:12.2m
太さ:1.25mm/1.30mm
色目:赤
価格:2,700円
posted by goforit at 19:52| Comment(1) | ◆ストリング情報

2013年02月26日

トアルソン新製品「Vag」

IMG_1230[1].JPG
トアルソンから新発売されたナイロンモノフィラメント。
アスタリスクの「スピンと耐久性」を向上したモデルで
波を意味するVag(ボーグ)という名前です。

http://www.toalson.co.jp/JPN/vag/index.html

ゴーセンと並ぶ日本ナイロンストリングの大手メーカーの
トアルソン。世界的にもナイロン系のストリングのOEMを
多く手掛けています。
すでに進化しきったと思われたモノフィラメントでしたが
過去トアルソンは新たなアイデアで切り込んできました。

シンプルなシンセティックの断面ながら、放射線照射により
分子構造を分解してマルチ的なホールド感を演出した「TNT」。
そして異なる弾力の素材を芯に入れて、大きなインパクトの
時にホールド感が増す「アスタリスク」。

反発重視のモノタイプに、ハードショットの際に不安になる
コントロール性能を加えた商品作りをしてしてきました。

今回の新製品は、エンジェルフィルムでのフィルム層による
ノッチング(削れ溝)の防止や、デビルスピンのような三方向の
突起を出すことによるスピン性能の向上をヒントに開発された
アスタリスクの進化版です。

これは新たな定番ストリングの誕生かもしれません。

トアルソンVag

太さ:125mm/130mm
素材:ナイロン
構造:複合コアのモノフィラメント
長さ:13m
色目:ホワイト・ブラック・イエロー・レッド(以上入荷中)
価格:2,300円

3月末までお試し価格として初回のみ2,000円でお出しします。
(ホワイト・ブラックのみ 別途張り代をいただきます)
posted by goforit at 19:59| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年02月18日

HONDA 鉄とアルミ融合しドア生産

ホンダが新しく確立した技術。

鉄とアルミは化学反応が起こるため、サビが発生しやすく、
どちらかのみを使う方法が一般的。
サビに強いメッキ鋼板の使用や、素材を折り曲げる形状を工夫して
解決し、既存の生産ラインを活用できる方法をとり、製造コストを
1割の上昇で抑えられるという。
ドアへのアルミ採用は約11kgの軽量化につながり、重心を車体の
中心に集中できるため、燃費や走行の安定性能が高まる効果がある。

以上本日のニュースから。


同じようなことがストリングでもありますよ。
しなやかなナイロン素材に対して丈夫なポリエステル系。
いいとこ取りするために、縦横で組み合わせるハイブリッドが
流行っています。
それならナイロンとポリエステルを混合したストリング作れば
そのまま張れるからいいんじゃな〜い?と簡単に考えますよね。

それがなかなか難しい。

なんでもポリエステル素材は接着するのが困難で、ナイロンの
ように簡単にはマルチとか芯に側糸を巻きつけることができない
そうです。
基本的には、ポリエステルストリングの断面はただの1本糸になって
いるのが普通でした。

しかしメーカーががんばって、くっつかないけど中に閉じ込めて
まとめたり、繊維の間に隙間を埋める素材を入れたりして工夫。
ナイロンとポリエステルの混合製品があちこちから出ています。

ナイロンの打球感中心でポリエステル味は少ないものがほとんど。
やっぱ、一般プレーヤーにはナイロンが一番使いやすいという
ことなんでしょうかねぇ。
posted by goforit at 20:12| Comment(0) | ◆ストリング情報