2014年04月11日

アスタリスタ レインボーの仕上がり

001.JPG003.JPG
お客さんのラケットに張った状態。
カラフルで作業が楽しいです♪

キラキラ〜☆

こりゃ目立ちますな。
posted by goforit at 21:24| Comment(0) | ◆ストリング情報

2014年03月23日

トアルソンのレインボーストリング

IMG_1321.JPGasteristametal.jpg
新発売されたアスタリスタ。
従来のアスタリスクの姉妹モデルがさらに増えました。

ストリングにメタリックホイルを巻きつけてキラキラした
見た目に変身!
その中でも限定品でレインボーカラーが目を引きます。

ちょっと注文遅かったので3張りしか入手できなかった(泣)。
4月にかけて増産するらしいです。

本日来店したお客さんから今年初めての「暑いね〜」の
一言に象徴される本格的な春の陽気になりました。
気分も明るくハデハデなカラーストリングを張りましょう。

ASTERISTA METAL 127

2,200円
posted by goforit at 20:18| Comment(0) | ◆ストリング情報

2014年03月02日

お買い得品!

IMG_1311.JPG
今回はポリエステル系の細めがお買い得。
テクニファイバーの2品です。

X-CODEはポリエステル繊維のマルチフィラメント構造。
色は黒です。ナイロンっぽい印象の珍しいタイプです。
飛びが抑え目で柔らかい打球感なので、パンッと打っても
コントロールができるモデルです。
耐久性はナイロンマルチ並みです。
1.25mmのみお買い得価格で。

BLACK-CODEは5角形のマイルドなポリエステル。
極細なのでタッチプレーや切れのよいショットを打ちたい
ひとにお勧めです。色は黒です。
1.18mmのみお買い得価格で。

ハイブリッドで張ることもOKです。
鋭い打球感優先だがマイルドさも欲しいならBKCODE+XCODE。
ホールド感優先でドカンと打ってもコートに収まるように
したければXCODE+BKCODEと縦横を入れ替えます。

在庫無くなり次第終了です。お早めに。
posted by goforit at 19:44| Comment(0) | ◆ストリング情報

2014年02月26日

POLYSTAR energy 新色黒

enapng.png
本国ドイツではすでに発売されていたポリスター・エナジーの
黒がいよいよ日本でも発売されます。

エナジーはいわゆる「どんづまり」に位置するストリング。
どんづまりとは、ある特長ある個性の最高峰はここまでです、
という存在のこと。
例えば「打球音がもっともよい」「スピンがもっともかかる」
など、あるキーワードにおいてパフォーマンスやフィーリングが
一番であると澁谷が認識したストリングを「どんづまりモデル」
と表現しています。
「これ以上のものはないの?」と言われたときに、ごめんなさい
としか答えられない=突きあたる壁、どんづまりです。
それを越えるものは現在市場にないよな〜という製品です。

エナジーはポリエステル系のなかでもっとも球乗りがよく、
コントロール性は抜群です。
ネット上30cm以内を狙えるとか、ハードに打ち込んでもベース
ライン内に収まる高い安定性は、ほかとは次元が違います。
さらにちょい振り遅れてもミスになりにくい安心感があり、
コースを隠してボールを引き込んでから、意外な方向に
打つことができるテクニシャン向きなポリエステル系。

いままではナチュラルカラーしかありませんでしたが、
3月末頃に待望の黒色が発売されます。お待ちください。
ゲージは1.25mm/1.30mmで、価格は2,400円。
posted by goforit at 20:42| Comment(0) | ◆ストリング情報

2014年02月19日

バボラ新製品「ORIGIN」

IMG_1306.JPG
バボラ新製品「ORIGIN」

原点を意味する単語「オリジン」。
それをつけられたバボラの新ストリング。

新製品というとポリ系やマルチばかりで、あまり発売されない
カテゴリーであるナイロンのモノフィラメントタイプです。
実は一番ベーシックで、誰でも使える性能なのですが、
開発が行きついてしまい目新しい特長が出しにくいので
なかなか新しいモデルがでてこないんです。
その代わりロングセラーが多いので、価格は安めな設定。

もちろんストリングメーカーも頑張って新製品出してます。
ゴーセン:太・耐久でもスピンの「ストロングダイア」
トアルソン:ハードショットでホールド・ソフトで反発の
「アスタリスク系」などに代表されるタイプです。
シンプルに弾いて爽快な打球感に味付けをしたモデルです。

今回のバボラのオリジンは「飛び」に「ホールド」を融合
した製品。ナイロンとはデュポン社のポリアミド素材の名称
なので、それ以外なら単にポリアミドと表現します。

断面構造を見ると、なるほどと思います。
それは側糸がないという点。
通常、芯糸のまわりに細めの側糸を巻きつけています。
それがないので芯の打球感優先になるのでしょう。

以前も似たような製品はありました。
トアルソン「サイバーナイロンPH」や「TNT FATCORE」で
ほとんど芯糸だけで構成されたもので、柔らかで飛びが
よかった印象でした。
TNTファットコアは名品で、すごく軽やかな球飛びなのに
乗っかり感に優れたコントロールしやすい糸でしたねぇ。
いまだに「これよかったよね」というお客さんいます。

それが再現されるのなら価値があります。
ただし、価格が…。
ナイロンモノの価格帯が2000円以内がほとんどなので
この3,500円というのがどうなのか。
パフォーマンス優先ということでいかがでしょうか。

ゲージは1.30mm/1.25mmご用意してあります。
posted by goforit at 20:13| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年11月27日

注目のスカッシュストリング

http---www.cosmojpn.co.jp-news-20131125-1.pdf - Adobe Reader.bmpgut.bmpkir.bmp
先日の全日本で、男子準優勝の清水選手、3位の松本選手、
女子ベスト8の山崎選手が使用しているサクランボのマークの
ストリングがキルシュバウム「ガットフィーリング」。

テクニファイバーやPMXに近い打球感です。価格は2,800円
太さが1.09mm/1.15mm/1.22mmがあり、色はナチュラルカラー。

本日入荷しましたので、試合で勝ちたい人は一度張ってみて
ください。
posted by goforit at 19:56| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年10月22日

来年値上げが多そう…

消費税やら原材料高騰でストリングの値段が上がりそうな
流れです。
今年はバボラが単張り100円ほど上がりました。
来年はルキシロンやウイルソンも上がりそうです。

その他のメーカーも上がる可能性があります。
性能は上がらないので、張りの技術を上げて納得の価格に
なるようにする必要があります。

日々精進です。
posted by goforit at 21:23| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年10月13日

ゴーセン新製品「CXシリーズ」MULTI CX

1366338073-987700_1[1].jpg
CXシリーズのAK CXと一緒に発売されたTEC GUTの進化版。

テックでは珍しい芯糸ありのモデルです。
芯があるとどうなるかというと、反発性と伸びにくさと
固さが強調されやすくなります。

マルチフィラメントのストリングでは、その要素が欠けて
飛ぶ印象が少なく、ややダレやすく、柔らかい打球感で
あることが多い。
そこに芯を入れることで、モノとマルチの中間を狙った
モノマルチというカテゴリーが誕生したのです。

すなわち万人受けするパフォーマンスですね。

打った印象はマイルドでコントロール性が大変よろしい。
不快な振動が少ないのも評価できます。
ボールを突いただけでも明らかにいい感じがします。
ストロークでもサーブでもストレスなくボールをヒット
できるので、安心してプレーできました。

CX処理での高耐久性があるので、つぶして打ちたい
ハードヒッターでも使えます。
特にハイブリッドでの横糸使いには最適かもしれません。

最近のゴーセン新商品ではアルミパッケージが採用されて
密封によって「紫外線からの変色防止」「乾燥の防止」が
なされています。
ストリングにとって最適な管理状態といえます。
ナチュラルではほとんどがアルミパッケージですが、
ナイロン系ではあまりありません。

がんばりましたね〜ゴーセンさん。


MULTI CX 16

素材:ナイロン
構造:モノマルチ
色目:ナチュラル
長さ:12.2m
太さ:1.30mm/1.24mm
価格:2,500円
posted by goforit at 20:31| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年10月06日

トアルソン新製品「マルチパフォーマンスII」

IMG_1347.JPG
エンジェルフィルムで市場をあっといわせたトアルソンから
また違ったフィルム使いの製品が登場。
とにかく柔らかく、でも打球感があるナイロンのマルチを
追求してできたモデルがこれ。

マルチパフォーマンスIIです。

以前も同名の製品があったそうですが、ちょっと失念…。
短命に終わったそのモデルを心機一転して、フィルムを
使用した新しいスタイルのストリングに仕上げました。

使用した感想は「すごく柔らかい・・わけではない」。
イメージではふにゃふにゃしているのかな、と思いきや
けっこう打ち応えあって、なんだハードヒットもできるぞ。
それでいて確かにホールド感はあるので、万人受けする印象。

色展開は攻めています、トーアさん。
白以外に黒・青・赤・黄と5色あり、さらに130と125の
ゲージが用意されているときた。
う〜ん、モノ系アスタリスクと並ぶマルチ系の柱にしようと
たくらんでいますね。
フィルムをらせん状に巻きつけてあるので、見た目には
スピンガットみたいですが、特に凸凹になっているわけでは
ありません。

Multi Performance II

素材:ナイロン
構造:マルチフィラメント+フィルム巻
長さ:13m
太さ:1.25mm/1.30mm
価格:2,500円

今月も連休あるのでちょっとお試しセールを。
10月末まで、お一人1張りに限り、張り代込4,000円で提供。
色は白限定でゲージは選べます。
「マルチパフォーマンスのブログ記事見た!」と澁谷に
告げてください。

お待ちしています〜。
posted by goforit at 19:57| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年09月24日

ゴーセン新製品「CXシリーズ」AK PRO CX

1366336781-035720_1[1].jpg
ナイロン勢復活せよ、日本メーカー頑張れ!の回答です。

ポリエステル系に比べてナイロンの弱点は耐久性。
切れやすさの点ではちょっと早めかな、とハードスピンを
かけるプレーヤーには候補から外されがち。

そこで最近登場しているのが、切れにくさを向上させた
ナイロンの新世代モデル達。

数年前からゴーセンの太めモノフィラメントの「ストロング
ダイア」やトアルソンのフィルム層マルチフィラメント
「エンジェルフィルム」などが発売されて、切れにくい
ナイロンのカテゴリーが生まれました。

そして今回の新製品は摩擦熱に強い繊維を使った製品。
CXシリーズです。今回は「AK PRO CX」を報告します。

CXとはCaloric Xtra超耐熱の略。
一般的なナイロンやポリエステルガットが210〜250℃で
溶けてしまうのに対しCXは430℃まで耐え得る繊維。
そのCX繊維をモノマルチフィラメントの周りに4本巻き付ける
ことによってボールとの摩擦熱に負けにくいストリングに。

超耐久海島型構造となっているこの「AK PRO CX」は
元モデルのAKPROに対して1.5倍耐久性があるという結果に。

打球感はがっちりパキーンとしたハードヒッター御用達
AKPROに対して少しマイルドで、あまり硬さを感じません。
そのぶんちょっとぼんやり系な印象ですが、AKという
先入観があるから厳しい評価になったかな?
ハードに使える反発重視のナイロンモノ系としたら十分。
くせのないシンプルな打球感です。

表面が滑りやすく、張りやすい糸です。
張り上がった後に糸をずらしてみると、抵抗少なく動きます。
オイルやワックス、テフロンなどで処理したような摩擦の
少なさで、これはたしかにノッチングはできにくいでしょう。

AK PRO CX

素材:ナイロン
構造:海島型モノマルチ
色目:ナチュラル
長さ:12.2m
太さ:1.30mm/1.25mm
価格:2,700円
posted by goforit at 21:14| Comment(0) | ◆ストリング情報