2018年01月20日

撮影風景

IMG_0262.jpg
ブログ見返してみたら、愚痴ばかり書いている。

いかんいかん〜。

セット例の写真の撮影風景でも見て笑って
くださいませ。

なんで傘さしているか?
ストリングのパッケージに照明光が反射して
文字が見えなくなることが多いので、遮光です。
透明傘では効果なく、黒傘では暗すぎる。
そこでベージュ。

イイ感じ(笑)。
posted by goforit at 20:23| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年01月19日

木曜日は鬼門?

昨日の定休日。
依頼されていた営業中に手が回らない
グロメットとグリップを全取り換えと
フレーム塗装の補修を3本という手を
しっかりかける作業に取り組んでいた際。

数時間かけ、一段落して立ち上がると…。
おやっ腰が痛い?
んんっこれはまさかー。

ギックリ腰ではないか〜。
軽い症状でしたが、かなり久しぶりの痛み。
あー、なんていうことだ。
なんか年末から体の不調が続くなぁ。

あっ木曜日?
そういえば年末急に風邪ひいたのも
先週腹痛で死にそうになったのも
ギックリ腰になったのも…木曜日だぁ(泣)

厄年か、いやいや。
単に体力落ちたからでしょうけど。
来週はなにが訪れるか、ビクビクです。
posted by goforit at 21:32| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年01月16日

金融はカタいと思ってた世代

就職するなら銀行など金融業だとされていた
世代の澁谷です。
おカタい職業にはコンプレックスあります。
なにせ自分が趣味の職業についてしまった
ために、人生設計誤ったかな〜と後悔する
ことが多かったから。

ところが…

統廃合を繰り返し、集約したメガバンクで
生き残りを図り、さらには人員削減の話が
世の中を駆け巡るのをみて、カタかった
はずじゃなかったのかと驚いています。

なんでそんなこと急に言い出したかと
いうと…。

釣銭。

はぁ?とポカンとした顔しないで〜。
お客さんにはとにかくきれいなものを
渡したいと思う澁谷は、張りであずかった
ラケットをとにかく、しつこく磨きます。
汚れをおとして、傷んでいるなら直します。
見た目に新品に復帰できれば最高です。

お釣りも同じ。
返すものはとにかくきれいなもの。
そのために新札や汚れていないコインを
用意して渡していました。

近くの金融機関で両替していました。
そのうちに交換の上限ができたりして
なんとなく不便な対応になり、そして
4月からは口座を持っていないとダメ、
10枚以内じゃないとダメとなります。
手数料取らないとやっていけませんと
銀行が悲鳴をあげるなんてねぇ。

なんて時代だ。世の中変わった。

キレイなお札にこだわるのは世界中で
日本人だけでしょうけど。
そのうちに中国みたいに現金使用を
しないで「屋台でもネット決済」的に
なるんだろうな。
ピン札、個人的に好きなんだけど。
posted by goforit at 20:18| Comment(1) | ◆気ままな日記

2018年01月12日

のたうち回りながら考えたこと

就寝中、あまりの腹痛で目が覚めた。
明け方の4時過ぎのこと。

脂汗を流しながら、ひーひー声を出し。
このまま死ぬのかといわんばかりの痛み。
これは盲腸か?いや場所が反対だ。


こんな時間だが救急車をよぼうか。
うう、着替えることも難しいぞ。
どーするべきか。考えがまとまらない。

それよりも本日の仕事はどーなる?
入院となると店も開けられない。
張ることもできない。
お客さんに連絡することもできない。

誰に助けを求めたらよいのか。
店を一人でやっていると頼れる人がいない。


しばらくしたら猛烈に下り出して
落ち着いてきた。なんだ下痢か…。
死にそうな傷みを伴う下痢って不安だ。
なんか悪いもの食べたかのぅ〜。

20年一人でやってきて、健康面が原因で
店を開けられなかった日はなく、丈夫が
取り柄だった澁谷ですが。
いや〜年ですかね…。


自分のことだけなら、なんとかなっても
店のことは代わりがいない、というのは
ちょっと考えなくてはいけないなぁ。
新年から非常事態への備えについて
思い知らされました。
posted by goforit at 20:48| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年12月31日

来年もよろしくお願いします

今年一年ありがとうございました。
来年はめでたく20周年を迎えます。
精一杯精進してまいりますので
よろしくお願いします。

短縮営業の木曜日に喉がムズムズ。
おや?おや?と薬を飲んだのですが、
そのまま風邪モードに突入。
最終日までふらふらな状態でした。
気が緩んだのでしょうか。
気合が足りないと付け込まれますなぁ。

忘年会キャンセルしてすみません〜。

皆さんは体調に気を付けてよいお年を
お迎えください。
posted by goforit at 15:52| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年12月19日

ストリンガーになってから その2

IMG_0193.jpg
西武スポーツ吉祥寺時代は、ストリンガーと
してのキャリアを積めました。店でお客さんの
ラケットを張る仕事をこなすだけではなく、
プロ選手のサポートをするオフィシャルの
経験もしてきました。

当時スタートした東レ・パンパシフィック
オープンのオフィシャルストリンガーとして
すべての選手のラケットを張り替える役目です。
セゾングループがスポンサーであったことも
あり、予選から会場でサポートにマシン搬入。

世界女子ダブルス選手権セーラムとかも
担当した記憶あります。
トーナメントのコーディネイターが歌手やめた
子門真人さんだったのは驚きましたけど。

記憶は定かではないのですが、たぶんデビュー
したての伊達選手のラケットも張りました。
他には全日本最年少優勝15歳4ヶ月、ヤマハを
使用していた雉子牟田明子(姉)選手とか。
ダブルスが強かった平木理化選手とか。

代々木体育館で行われていた当時のPPO。
写真は日本で大人気だったマレーバ。
可愛かったです〜。

グラフがランキング1位になる直前に初来日。
決勝の日が大雪で大変でした。
グラフと並んだけどそれほど大きくないのが
意外でした。顔はすっごく小さかった〜。

いい思い出ですぅ。
posted by goforit at 21:38| Comment(1) | ◆気ままな日記

2017年12月04日

ストリンガーになってから その1

プロデビューを果たしたのでタイトル変更。

ストリンガーとして仕事を始めたのは吉祥寺
西武スポーツ館でした。
コーチ時代のヘッドコーチに紹介してもらい
内定した大学4年の夏からアルバイトとして
スタートしてました。

西武百貨店のスポーツ専門店として、特殊な
存在だった吉祥寺店は、各フロアに色々な
競技のゾーンがあり、スキーやゴルフ、
スイムやサーフ、ボールゲームやトラック
競技と多岐にわたっていました。

マイスターという各競技の専門家がいて、
道具の説明やカスタムをしたり、店外で
競技の指導をしたりするシステムでした。

特に刺激されたのがスキーの板のチューン
アップのブースや、ゴルフのクラブの
カスタムや、スポーツシューズのリペア
などの加工専門の職人マイスター達。
澁谷もラケットのマイスターとして認めて
もらえるようになりたいと頑張りました。

80年代のころはテニスブームだったので、
フレームは飛ぶように売れて、張る作業も
かなり多かったのでものすごく忙しかった
記憶があります。
連休ともなると、あっという間に目の前に
10本単位のラケットの山が次々築かれます。
当時は「即張り」というのは一般的ではなく
通常2〜3日後にお渡しでしたが、混んで
くると1週間待ちとかはザラ。

ひたすら張り続けるために、同じフレーム
ごとに仕上げていきました。マシンの
セットが楽で効率的でしたから。
ストリングも今ほどは種類が多くなく、
お客さんもほとんどがゴーセンミクロL。
その後はミクロスーパーでした。
テンションもあまり範囲は広くない。

1時間に張るペースは基本3本。
超急ぎで張るとどのくらいかを試した
ことがあります。10分超えるくらい。
手抜きをしないで、という条件付きです。
でも、そんなに集中力は続かないので
1時間に4本までが限界でしたね。

スピードを求められることもあるので
ある程度は修行で試したりしてました。
あと、演出としてフロアの真ん中で張る
こともありました。見られている緊張感の
中でも美しく作業ができないといけません。
面白いのは、通りがかって足を止め、じーと
覗き込むのはほぼ男の子とおじいさん(笑)。
年取ると子供に戻るって本当だった!


それでも張り替えのフレームに関しては
なるべくきれいに磨いてお返ししたいと
濡れタオルやクリーナーで拭いていました。
今ほど凝っていませんが、塗装のハゲも
目立たないようにインクで補修。

当時全国を回っていたメーカー営業さんが
「全部掃除してるの?そんな手をかけて
いるのは私が知る限り澁谷さんだけだよ」。
顧客を満足させたいという、コーチ時代の
ポリシーで行っていた行動です。

バタバタと仕事しながら次回に続きます。
posted by goforit at 21:24| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年12月02日

マッサージ店急増 そんなにもうかるの?

ゴーフォイット!があるビルは5階建。
地下1階から2階までは飲食を中心とした
商業店舗が入っています。
3階より上は基本住居の作りなのですが
駅近なので、店舗が入ることも多いです。

最近驚いたのは、3、4、5階すべてに
整体やマッサージが入ったこと。
4階のお店は澁谷も知っているおすすめの
お店なんですが、そのあとに続々と入居。

そう思って街を歩いていると、あちこちに
その類の店ができていました。

コンビニよりも歯医者が多い、とは
よく言われますが、マッサージや整体、
接骨院などをまとめると倍以上あるかも。
いやそれ以上確実にある気がしてきた…。

そんなにお疲れの人が多いのか?
それだけ店があって営業成り立つのか?

専門外なのでよくわかりませんが、
ちょっと気になったので。
posted by goforit at 22:15| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年12月01日

ゴルフ人口減少してるって

どの競技もプレー人口を増やしたいと願う。

当店においてはストリングを張るラケット
競技に特化していますが、その限定された
中で世間的に人口増加なのはバドミントン
だけかもしれません。
オリンピックで活躍して人気急上昇だから。

ソフトテニスは学生の数が減れば影響
大きく、スカッシュはスポーツクラブでの
プレーのためシニアがメインという状況。

テニスは錦織効果で人口増加は多少あり。
しかし、ラケットフレームの売り上げが
競技人口数というカウントでは、ブームの
頃から比べると半分くらいかも…。
プレー頻度はシニア層が極端に多い印象。

経済活動は「人口が多く」「消費を多く」
「継続して増えて」いくことが大切〜。

なかなかシビアなものです By経済大学卒

さて澁谷も総合スポーツ専門店に勤務
していましたから、いろんなスポーツを
かじりました。経済貢献したバブル時代。
ブームという波もあったでしょうが
スキーは12〜3月というシーズン中で
10回ほど車でゲレンデへ(日帰り!!)
ゴルフもフルセット所持して、仕事後
打ち放し練習場やショートコースへ通い、
コースデビュー、お誘いあればどこでも。

テニスよりもスキー・ゴルフって時期も
ありましたね〜。

さて、題名のゴルフに関して。
ええっ、松山英樹が世界のトップなのに
ブームじゃないのぉ?

資料によると、昨年1回以上コースを
まわった人数が前年より27%も減ったと。
ピーク時の半分程度になっているそうです。
ゴルフ人口の高齢化が顕著で、年代別の
構成比は60代が23%、70代は30%。
新規参加では50代男性以下が大幅に減り
みるみる若い人の姿を見かけなくなる。

どうしたら若い人がゴルフをするように
なるか、が業界の悩みになっているそう。

若い人の声
道具もコースも金額がかなり高い
上達までに時間と金が相当かかる
ゴルフ=仕事で接待のイメージがある
安近短じゃないから

確かにゴルフは仲間と車が絶対必要なこと。
そしで早朝遠方まで出かけて、丸一日
フルに使って、雨天でも基本中止できず、
食事はコースのレストランで、ロッカー代や
キャディさんにチップなど諸々かかる場合も
あり、そのうえメンバー制で同伴者扱い。
プレーフィーは最低でも万単位(古いか)。

まったく気楽ではなく始めるにはハードル
非常に高いスポーツである。
それなら安近短のスポーツならいいかと
いうと、やらない人には違う理由が次々と。

汗かきたくないとか疲れるとか、ね。

やらない原因を探るより、やりたくなる
動機を用意することが大切かもしれません。

かっこいいから、もてるから、とか。


他の業界の悩みは自分の業界を映す鏡。
posted by goforit at 22:02| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年11月27日

コーチ時代

IMG_0192.jpg

パンツが短いのが時代を感じさせる…
posted by goforit at 20:48| Comment(0) | ◆気ままな日記