2014年05月05日

アーサーアッシュコンペティション

IMG_1350.JPGIMG_1355.JPG
ヘッドのウッドからグラファイトへの移行時期の名品です。

当時のアメリカのスター選手アーサー・アッシュが使用した
人気モデル。
USオープン会場「アーサーアッシュスタジアム」でその名を
聞いたことがあるでしょう。
黒人初のトップ選手だったアッシュはその後デ杯の監督と
してアメリカを率いました。
とても紳士的でフェアだったアッシュは偏見にも負けずに
多くのファンがいたために、ヘッドからこのネーミング
モデルが発売されたのです。

残念ながら輸血からエイズを発症し、49歳でこの世を
去りましたが、テニス界ではアーサーアッシュ基金を作り
エイズ撲滅の活動をしています。
ピンバッチのデザインがそれ。ボールにリボンです。
posted by goforit at 20:20| Comment(2) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
いやぁ〜、美しいラケットですよね〜。
今年の初打ちの時もこれと同じラケットを持っていき打たせてもらいましたが、大好きなラケットの一本です。
アルミのヘアライン地肌が実に美しい!
表面処理が弱いためか腐食して綺麗なものが少ないですよね。
フレームのエッジが危ないくらい立っているのも初代コンペの特徴かと思います。
Posted by Kato- at 2014年05月23日 22:17
たしかにエッヂが鋭く立っていますよねぇ。
手ぇ切りそうなイメージです(笑)。
Posted by go for it ! at 2014年05月23日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。