2014年01月31日

ワールドグループ1回戦 日本1-1カナダ

1510739_700670756630310_1426669685_n.jpg
日本にとって有利な条件だらけの今回。

ホームの有明でできる
サーフェスはストロークプレーに合うように激遅に変更
2枚看板のラオニッチは出場せず、ポシュピシルは故障中
初日カナダシングルス選手はともに100位台

錦織は鬼の形相で第一試合を圧倒した。
格下ではあるが、以前ペアを組んだことがあるらしい友人。
双方ともファースト途中まではラケットを頻繁に替えて
アジャストするのに苦労していた印象だった。
攻める錦織、拾いまくるポランスキー。
一進一退の流れを押さえたのはやはり錦織。
楽な相手ではなかったが、結果はストレートで取れた。

しかし第二試合の添田はうなだれた。
チャレンジャーなどで負け越している相手らしいが、
もうちょっと気迫あふれるプレーを見たかった。

添田戦は修造がWOWOW解説だったが、リードしてた
ファースト途中までは熱血キャラでかなりしゃべっていた。
しかしそれ以降は沈黙…。
カナダサポーターの応援方法をほめてばかりだった。


有利な条件なはずなのに。


日本チームに有利な条件に足りないのは強烈な応援なのかも。
下を向いた添田が奮い立つような特効薬を求む!

写真は毎回応援に行かれている知人Iさんからお借りしたもの。
デカい顔パネルをブンブン振ってカナダ勢が応援の図。

錦織は試合後念入りにマッサージを受けた模様。
明日のダブルスに出る覚悟でいるとみた。
自分が3勝もぎ取るという責任感だろうか。

あと2日もがんばってほしい。有利なはずなんだから。
posted by goforit at 22:12| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。