2014年01月07日

寒いとボールは飛ばない→どのくらい?

kannpa.png
アメリカ記録的な寒さ。
体感温度が氷点下45〜50度という非常に危険な水準にまで
下がる可能性があったという。

玄関あけたら5分で凍傷

いや笑いをとっている場合ではないけど。
ここまで寒いとテニスどころではないですが、気温が低いと
どのくらいボールが飛ばないか、というデータを紹介。

ボール製造メーカー、ブリヂストン社の調査によると、
「国際テニス連盟の測定方法に基づきボールのリバウンド
高さ測定を行った結果、気温が5度の場合は20度と比べて
約20cm(テニスボール約3個半分)弾まなくなりました」。

国際テニス連盟の測定方法とは、
「公認球の条件として254cmの高さからコンクリートの床に
落下させたときに、134.62〜147.32cmの高さで弾ま
なければならない。気温20℃、湿度60%、1気圧の条件下」。

一般的なボールのデータを計測した例では、20℃で144cm
弾んだものが、気温0℃の場合は105cmとなり、およそ
40cmもの差が生じることもあるようです。

とにかく相当な飛びロスがあるということ。
東京の今後の最低気温が5℃以下なことが多いので、ナイター
や早朝のアウトコートではかなり飛びませんね。
暖かくなる日中や空調インドアとの相違は大きいでしょう。

セッティングを変えたラケットを2本持つことが有効ですね。
posted by goforit at 23:17| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。