2013年12月04日

ESTUSA

IMG_1405.JPG
お客さんからの張り替え依頼品。

ESTUSA=エスチューサと読みます。
もとはボリスベッカーが全英史上最年少「17歳7ヶ月」で
初優勝したときに使用していたプーマのラケットが由来。
独特の下広がりのフェイス形状です。
それを引き継いだ会社が生産したブランドです。
日本ではTarta・タルタスポーツが輸入していました。
現在ではコスモジャパンが代理店です。

EST・USAで「最高級・米国」という意味の造語です。

クナイスルにも似たこのモデル。
Boris Becker KEVRON BKSです。
ちょいフェイスも大きくフレームも厚め。
一般プレーヤーでも楽しめるラケットですね。
posted by goforit at 20:25| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。