2013年11月19日

新品フレーム買ったら張らずに持ってきて

IMG_1377.JPG
ラケットを購入したらそのままgo for it ! に
お持ち込みください。

そのわけは…。
初期段階での痛めつけを避けられて、寿命まっとうできます。

まずグリップ。
写真のようなグリップテープの剥がし跡がつくと興冷め。
巻きなおそうとしても剥がしにくいし、なんだか汚い…。

新品のグリップを一発目に当店オリジナル処理しておけば、
その後はグリップを巻いても剥がれ跡が残りません。
当店でグリップテープを巻かせてみてください。

もうひとつはグロメットの痛めつけを最小限にします。
あまり手をかけていないで張ると、グロメットが痛んで
その後に張る際にストリングやフレームにダメージを
与えます。
特急仕上げをするところやキャリアが少ない張り手の
仕上がりによく見られます。

よく見かける例では、グロメットが溶けているケース。
ストリングをガンガン乱暴にたぐって引っ張ることで、
プラスティックのグロメットが溝状に溶けてしまいます。
グロメット寿命は確実に半減します。
すぐ切れることはないですが、それだけ乱暴に張るので
仕上りもあまりよくありません。

フレームとグロメットが密着していないで、浮いてしまって
いるケースも多く見られます。
これも一発目で丁寧に押さえずに乱暴に引っ張ったことが
原因です。

さらにストリングを結ぶノット部分でグロメットを痛める
ケース。これは乱暴に張っていなくても生じます。
止め方に他店との違いを出そうとしているようですが…。

すごく結び目が穴に喰い込んでしまっているとか、妙に
結び目が広げられてグロメットの穴がつぶれているとか。
ひどいときはフレームの中に埋もれてしまっていることも。

手直ししないとかならず問題が発生する痛め方なので
張りかえる側としてはちょっと困ります。
何回も張りかえることを考えて、寿命が縮まらないように
新品に近い状態でキープするべきです。


go for it ! は長い付き合いができるラケットに仕上げます。
新品買ったらストリングもグリップテープも設置しないで
お任せください。はじめが肝心です。
posted by goforit at 18:42| Comment(0) | ◆ストリンギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。