2013年08月14日

SP・IN BISQUS

IMG_1333.JPG
お客さんからの依頼品。富士ゼロックスゼネラルビジネス社が
輸入販売していたスピンのビスクス。

スピンのラケットの中では一番大きなフェイスを持つモデル。
オーバーサイズの厚ラケタイプです。
ストリングも普通の単張り(12m〜13m)ではまったく足りず、
ロールから取るか単張り2本分使うか。
ちょっとコスパの点では高くないのですが、打球感は抜群!

縦糸がグリップ近くまであり、横糸との比率が2倍ほどある。
これによってストリングが大きくたわむことができて、
それでいてボケた感じがしない。トランポリン効果高いです。
ボールを飛ばすにはもっとも有効なシステムです。

20年ほど前のラケットです。時代が早すぎましたね…。
posted by goforit at 20:28| Comment(2) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
一本張で張るときは、縦糸通した後に、どうやってとめるのか教えてください。
縦糸を引っ張る際に、どこで止めて張るのかがわかりません。お手数ですが宜しくお願いします。spin omni21です。
Posted by 高橋郁夫 at 2017年06月07日 14:42
ホールが大きくなってるところです。
張り方が特殊なのでマニュアルないと
厳しいですね。
Posted by go gor it ! at 2017年06月07日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。