2012年11月04日

予選あがりの無名選手が決勝戦へ

yano.jpg
パリバマスターズで60位台のヤノヴィッツ(ポーランド)が
シモンをストレートで下して決勝へ進んだ。
第4シードのフェレールと対戦する。

早いラウンドで第3シードのマレーを破ったのはニュースに
なったが、相手が誰というよりマレー調子悪いのかという話。
ヤノヴィッツがすごいというのはそれほど話題にならなかった。
それは、チャレンジャーツアーでの出場が多かった21歳で
予選を勝ち上がってきた選手だったからだ。

しかしコールシュライバー、チリッチと撃破してきたからには
マレーを破ってもおかしくはない。
次のラウンドで第8シード、ティプサレビッチの棄権であがり
あれよあれよと決勝まで進んでしまった。

ビッグサーバーはハードで活きるから、調子にのせるとこわい。
一気に覚醒したのは去年の錦織を彷彿させる。
添田、伊藤、守屋だってチャンスはあるということ。
それを活かせる武器と勢いがあるかどうかだ。
posted by goforit at 19:09| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。