2012年10月22日

天下取りと天下落とし

shuwatti.png
懐かしい遊び、もう一丁(笑)。

この2つはドッヂボールを使った少人数・短時間でもできる遊び。

「天下取り」とは5mほど離れた場所に向かい合って立ち、
足の間から両手でボールを投げ合う。相手が取れなければ勝ち。
片手で取ったり、手を交差させてキャッチなど難しい取り方を
すると数歩近づけて、相手が取りにくいので有利になる。
天下の人が王様で、それを引きずりおろす大勢が並んで待つ。

今考えると、ボレーボレーみたいなものですね。似た方式では
テニスレッスンでもチャンピオンゲームとして行われています。

「天下落とし」は地面に2m四方の田の字を書いて、卓球の
ように隣の陣地に手でボールを送る。送れなかったら負け。
陣地は大高中小となっていて、大が一番えらい。
ミスすると交代するか降格。ミスさせたら昇格。

ネットがないラリーゲームですね。コートがあるので加減が
必要でコースや球種、タイミングなどの駆け引きがあります。

地域によって名称やルールがさまざまのようです。
やはり画像ないので、観客がウルトラ一族だったら…。



今月の無料講習会は来週です↓
http://blog.goforit-stringer.com/article/58891059.html
posted by goforit at 19:43| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。