2012年02月01日

ゴーセンFGシリーズ

IMG_0993[1].JPGIMG_0994[1].JPG
扁平のストリングという新たなジャンルを開拓したゴーセンの
FGシリーズ。うすいきしめんのような断面です。

画像はこちら
http://blog.goforit-stringer.com/pages/user/search/?keyword=%83p%83%8F%81%5B%83%7D%83X%83%5E%81%5BII

扁平にすることによりストリングがボールに対して回り込み
包むようにホールドします。それによってスピンをかける効率が
向上します。

ここで大切なのは、ストリングが滑るように動かないと効果が
なくなるという事実。
「扁平の平たい面」同士が縦横接しないといけないのです。
基本的にはボールを打つフェイスで、ストリングがねじれて
いないことが大切というわけ。

これを管理するのはとても手間がかかりますが、この手間を
かけるとかけないでは大違い。
すご〜く打球感が変わってしまうことでしょう。
当店ではヒットする部分をきっちり管理して張りますが、
他店ではツイストしているのが普通。

縦糸は扁平面を横になるように通します。
横糸は扁平面を上に向くように通します。
そのときに縦糸も上を向いて、正面に太い面で揃えます。

他店で張ったお客さんにFGシリーズの感想を聞くと「それほど
よいと思わなかった」という人がほとんど。
それに対して当店できっちり張ってみたら「すごくよい!」と
反応が全く変わります。

ストリングの性能を100%出しきって提供するのがプロってもの。
ここにこだわっています(というか当たり前のことなんですが)。

ナイロン素材のモノフィラメント、海島型、ポリエステル素材の
3種類でそれぞれゲージが2つあります。計6種類全部在庫中!
posted by goforit at 21:03| Comment(1) | ◆ストリンギング
この記事へのコメント
ゴーセンの"きしめん" 私もgoforitの調理で
賞味させていただきました。
味の違いは明確で、すごくおいしかったです!

自分は、しっかりスイングしてボールを打つ方
なのですが、この糸を味わった感想としては
 @とにかくコントロールがいいこと。
 Aスピン、スライスもかけやすいこと。
 Bミスが減り、ラリーが続けやすかった。
 C打球後に糸がずれるのが少々気になる。
でした。

ちょうどバックハンドの調子が悪かった時
でしたが、この糸のおかげでスイングももどり、
スランプを脱出することができました。

ボールと糸の接触(ホールド感)を感じながら
スイングができ、肘にもやさしく、とにかく
イージーミスが少なくなるという印象でした。
よって、安心してスイングできる為、ラリーが
続くようになり、結果としてストローク全体が
安定するようになりました。

ウイニング・アグリーなテニスを目指す人には
お勧めの1張りだと思います。

なお、Cについては「goforitではツイストしないで
張っているので当然ですよ」と言われて、この糸の特徴を
改めて思い知らされました(笑)

他にこのFGの糸をgoforitで賞味された方は いったい
どのように感じているのでしょうか? 興味ありますね。
Posted by ケン・ローズウォール at 2012年02月01日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。