2011年10月03日

ステパネクのラケット「ボスワース」

photo_101009_02[1].jpgrac_b_r_w_320x570[1].jpg610x[1].jpgtennis_mag_400h[1].jpg
楽天で活躍中の玄人うけバリバリのベテランプレーヤー、ステパネク。
完全にオヤジ顔だけどまだ32歳(笑)。
なのに女子プレーヤーにモテる不思議。ヒンギスと婚約までしたくらい。
昨年はバイディソバと結婚。

プレースタイルはモダンテニスとは異なる、アプローチ&ネットで
独特のタッチでボールをコントロールするチェコ人。好きだなぁ〜。

センスなしなしのウエアと着こなし。これまた好きだなぁ〜。

なんだアレ?といわれる、使っているラケットも独特。
これはFOXから発売されていたワレン・ボスワースのカスタムモデル。
すごい昔から存在している、10角形のフェイスでスロートがしぼってある
フレームで、現在でも個人が特注でお好みのスペックで作ってもらえる。
以前ブログでも紹介したラケットです。
http://blog.goforit-stringer.com/article/28689861.html

ボスワースさんは有名なストリンガーで、数多くのトップ選手の
ストリンギングやフレームチューンを手がけた人。
ベッカーやサンプラス、アガシなど挙げればキリがないほど。

挙句の果ては選手にオリジナルのフレームを提供するに至ったわけです。
レンドルやナブラチロワが引退前後に使っていた10角形フレームが
今ステパネクが使っているのとほぼ同じ。
現在では色やデザインまで選べるようです。
http://www.bosworthtennis.com/

サントロなきあとのオタク好みな選手ステパネク。
がんばれー。木曜まで残っていてくれー(笑)。
posted by goforit at 19:40| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。