2009年04月25日

FOX WBモデル

IMG_0304.JPG
ラケットコレクションです。

今回は変態度はミニマムです。
でも「あれはなんだ?」と謎多きラケットとして有名なモデル。
引退間際のレンドルやナブラチロワ、ギルバートが使用していた
角ばったラケットをご存知でしょうか。それがこのフォックスです。

マニアにはたまらんメーカー「FOX」社のWBモデル。
アメリカの第一人者ストリンガーのワーレン・ボスワースが
プロデュースしたラケットです。
ボスワースモデルはいろいろなメーカーから出ていました。

角ばっているのは糸の長さを揃えることで打球感を均一に
する効果を狙ってのこと。その考え方で出来ているのは
ヨネックスやロシニョールのフレームで見ることができますね。
このモデルはできるだけ通常の形の域で、プレーヤーの視覚に
違和感を与えずに、効果を発揮するためにできています。

写真左
ATP BORON COMP WB-210
ボロン、グラファイト、グラスファイバーのコンポジット
張りあがり重さ348g バランス310mm
フェイス面積は約85平方インチ
重さとバランスの状態とグリップが本革レザーなので
この3本の中ではこれが一番古いモデルでしょう。

写真中
PRECISION PRO WB-210
セラミック、グラファイト、グラスファイバーのコンポジット
写真右
GRAPHITE PRO 210
張りあがり重さ367g バランス340mm
グロメットレスフレーム(グロメットがなく、ダイレクトに接する)

もっとも最近のモデルはかなりおとなしくなっています。

http://www.tennis-warehouse.com/viewlarge.html?PCODE=FOXNTRO

このくらいでは触手が動きません(笑)。モア変態カモ〜ン!
posted by goforit at 21:47| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。