2009年03月08日

ウイルソン スティング コンプリート

IMG_0243.JPG
前回のウイルソン「プロスタッフ」シリーズに続いて名器の
登場です。今回は「スティングシリーズ」が勢ぞろい。
変態シリーズばかりだとマニア以外の一般ユーザーには
引かれてしまうので、人気モデルで興味をもってもらおうと
試してみました(泣)。

当時のウイルソンのフラッグシップモデル「プロスタッフ」は
性能や素材にこだわった最高級モデル級の位置づけでした。
プロスタッフという名称は、アドバイザリースタッフであった
トッププロ達の意見を聞いて開発された経緯があります。

スティングはその下にランクされる競技モデルで、しなりの
プロスタッフに比べて、シャープ&ダイレクトな硬派ラケット。
学生プレーヤーはスティング派が多かったように思います。

使用プレーヤーの代表としてスコット・デイビスなどが
挙げられます。かっこよかったなぁ〜。

写真左から「Sting LargeHead」約120平方インチ 690mm
16.5mm厚 Light(345g) G4 グロメットレスなのが特徴
初代「Sting Midsize」約85平方インチ 685mm 15mm厚
Light(340g) グロメットはナイロンストリップ
2代目「Sting Midsize」上記と同様 違いはダブルブリッヂ
最終代「Sting 2 Midsize」上記と同様 違いはPWS装着

いずれもGraphite 100%でエポキシレジン・コンポジット。
プロスタッフは16.5mm厚、ウルトラ2は17〜22mmまでの
テイパー厚なので、最も薄いシリーズだったと思われます。
プロスタッフはケブラー、ウルトラ2はボロンを添加して
価格が高かったけど、スティングはグラファイトオンリーで
手頃な値段でした。

スティング2のみ、お客さんからの持ち込みで張り替えと
カスタム依頼品です。おおっこれはチャンスと即、撮影。
これで当時のスティングシリーズ完成。祝コンプリート!

その他の名品で「我こそは●●コンプリート所持者!」を
お持ちの方はご一報ください。
「故きを温ねて新しきを知る」ですね
スコットデイビス選手.jpg
若き日のスコット・デイビス選手
posted by goforit at 18:31| Comment(8) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
スコット・デービスはハードヒッターではなく、マッケンロー2世と呼ばれたような柔らかいタッチ系のサーブ&ボレーヤーだったと思います。
同じスタンフォード大出身ということもありますが。
Posted by うぃるそん好き at 2009年03月09日 00:13
あれっ?勘違いだったかな。誰と混じった?

当店の外部スタッフに聞いてみました。

サービスのトスに特徴がある選手で手のひらが
上を向かずに、甲を天に向けた状態でボールを
上げるという珍しいクセあり。
ハードに打たなくはないけど、すべてはネットに付くためにプレーしていたらしいです。

ご指摘ありがとうございました。
Posted by go for it ! at 2009年03月10日 20:36
もしかすると、ダブルスのパートナーだったデビッド・ペイトと記憶が混じっていたのでは?
こちらはかなりのビッグサーバーでした。

スコット・デイビス、確かに妙なサーブのフォームでしたねw
とある資料があるので、明日ブツを受け取りにうかがう際に持参します。
Posted by あに at 2009年03月10日 22:48
スコット・デービスは身長が185くらいの長身を生かしたサーブ&ボレーの選手でしたね。生で見た振り子のようなバックスイングから繰り出すサーブは速かったですね。ストロークはコンパクトなスイングで、ボレーは柔らかいタッチでしたね。

デビッド・ペイトは確かプロスタッフを使っていたんじゃないかな?

ちなみに、自分が高校生の時はスティングのレギュラーサイズを使ってました。グラファイト100%のレギュラーだったので、打球感も相当硬かったです。真のコンプリートのためにはこの1本が必要なのでは? 連絡頂ければ、写真お送りします。


Posted by まっつ at 2012年03月21日 12:22
スティングにレギュラーサイズがあったんですか?
それは知らなかった(ラージがあるんだから不思議じゃないですね)。

ぜひ画像送ってください。
本体あればお譲りください。

goforit@goforit-stringer.com
Posted by go for it ! at 2012年04月07日 20:16
はじめまして。もしよろしければ教えてください。
私もスティング2の85インチを持っているのですが、同じくグロメットがありませんでした。ピングロメットのサイズ(太さ)を教えていただけないでしょうか。お願いしますm(__)m
Posted by ビタミン at 2013年06月17日 00:36
個人的な質問はブログではなくメールでいただければ幸いです。

ピングロメットは長さ・太さの種類があり、フレームの個所によって
適合するものが違います。
ジャストフィットしない場合もあり、多少加工を施して設置します。
そのためにサイズをお教えするのが困難です。
ご了承ください。

当店にカスタムを依頼いただければ加工します。
Posted by go for it ! at 2013年06月19日 20:57
STINGといえば、クリス・エバートの元旦那のイギリスのNo1、ジョン・ロイドも使用してましたね。
と言ってもキャリアハイ20位代後半程度の選手だったですけど。
Posted by ta at 2013年09月12日 05:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。