2009年03月04日

メンテナンスシート

今年から当店でストリングをカウンセリングしているお客さんの
張り替えにはメンテナンスシートをお渡ししています。

フレームの状態を問題ない状態までリペアする仕事は以前から
していましたが、細かい修理が多いので直した部分がわからない
お客さんが続出。努力が報われないと残念なので、ちょっと知って
もらいたくて報告することにしました。

「ここ、痛んでいたので直しておきましたよ」
「あー、そうなんだ。気がつかなかった」

修理箇所を記入したシートにして報告するというスタイルです。
新品のフレームでは発行しませんが、多少痛みが出てきた
フレームには「現在のところ使用に問題ありません」という
ストリンガー澁谷の所見をお知らせします。

大切な相棒のフレームの健康を保つ作業をしている感じですね。
posted by goforit at 21:04| Comment(0) | ◆店舗のサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。