2009年03月02日

ポリファイバー

IMG_0239.jpg
ストリングの情報です。
今回は珍しい素材を使って注目された、ポリファイバーの「TCS」。
加えて「ハイテック・プレミアム」「ポリ・ハイテック」も紹介します。

<写真 左 TCS>
POLYFIBRE TCS
素材:ポリエチレン+複合素材
構造:モノフィラメント
色目:非透明蛍光イエロー
生産:ドイツ製
長さ:12m
太さ:1.25mm 1.30mm
価格:2,500円

<写真 中 ハイテック・プレミアム>
POLYFIBRE HIGHTECH PREMIUM
素材:ポリエステル系
構造:モノフィラメント
色目:非透明サックス
生産:ドイツ製
長さ:12m
太さ:1.25mm 1.30mm
価格:2,300円

<写真 右 ポリ・ハイテック>
POLYFIBRE POLY HIGHTECH
素材:ポリエステル系
構造:モノフィラメント
色目:非透明イエロー
生産:ドイツ製
長さ:12m
太さ:1.25mm 1.30mm
価格:2,100円

特徴:輸入元は日本でプロケネックスを販売しているPKウエスト。
ゴーセンのストリンギングを担当していた社員さんが独立して、
所属している会社。当然、ストリングにはこだわりがありそうだ。
ポリファイバー社はアメリカの会社らしいが、生産はドイツで行って
いる珍しいスタイル。特筆すべきはストリング業界で初素材かと
思われるポリエチレンを使用した製品を発売していること。
ナチュラル、ナイロン、ポリエステルに続く新勢力になるか?

澁谷のお客さんにたまたまポリエチレン素材を扱う会社社長さんが
いて、この製品に興味津津で使っている。社長さん曰く、
「本来ポリエチレンは日常よく見かける製品に使われている
汎用品。コンビニのビニール袋でお馴染みの素材である。
比重が軽く水に浮くほどの数値で強度はそれほど強くはない。
ぎゅーんと伸びるような素材なのでストリングには不向きなはず」
ところがこのストリングは普通のポリエステルと同様な印象。
おそらくポリエチレンの配合率はそれほど多くないのではないかと
思われると分析してくれた。しかし、彼がアメリカからポリエチレン
オンリー(と謳われている)RAPIDというモデルを取り寄せて当店で
張って使ってみたら、これがすごく固くて「なぜだ?」と困惑した。
まだ解明できていない部分が多いが、注目のブランドであることに
変わりはない。特徴があるストリングが出ることは大歓迎だ。


以下はストリンガー澁谷のインプレッションです。

外観:TCSはレモン色といえる蛍光イエロー。ナイロンではよくある
色だが、非透明なのでインパクトは強烈。バボラのアエロドライブに
とても合うカラーだ。ハイテック・プレミアムはライトブルーを渋くした
サックスカラー。これはバボラのピュアドライブにフィットする色。
一番売れているラケットに合わせて色を選択したのかと思えるほど。
ポリ・ハイテックは落ち着いたクリームイエロー。なんとラインアップ
すべてが色ものという思い切りのよさ。普通は白や生成(きなり)で
万人受けを狙うところだが、このメーカーはチャレンジャーである。
日本には3種類しか入ってきていないが、アメリカにはまだほかの
ラインアップも存在していて赤銅色のワインカラーまである。

張感:ハイテック・プレミアムとポリ・ハイテックは、ポリエステル系で
割と普通な印象。しなやかさと柔らかさが多少あるかな、という
感じで比較的上質なポリエステル系ストリングといえる。
TCSは結構柔らかで、引っ張ると伸びが多少あるが、張りにくくは
ない。ソフトな糸なのでクランプの締め具合はやや強め目にすべき。
どのモデルもポリエステル系として、特に注意して張る必要はなく
むしろ事故が少ない安心して張れるストリングだと感じる。

打感: そのTCSはタッチ+コントロール+スピンの頭文字を取って命名。
いずれもポリエステルでは弱点とされる要素で、一方ナイロンでは
得意分野な性能だ。打球感はポリエステルで性能はナイロンが
「あったらいいのに」のこの製品。とてもユニークなストリングである。
打ってみるとまさにその通り。重い打球感が多いポリエステルに
比べて、ボールが軽く感じるほど楽に打てる。球飛びは良好で
ナイロンと比べても遜色ない。しかし面の安定性はポリエステルで
こんな打球感は初めて。これはおもしろい糸だ。
ハイテック・プレミアムとポリ・ハイテックは打球感に大きな差はない。
それほど個性が強くない良質なポリエステル系ストリングだ。
あえて違いを探すと、多少ハイテック・プレミアムのほうがマイルドで
バランスよくまとまっている程度。どのショットにも対応でき、問題なく
使える万人受けモデルだ。しかしポリ・ハイテックもシンプルでクセが
少ないので、価格が安い感じはしない。

相対:TCSはナイロンのマルチフィラメントからポリエステル系に
乗り換えるときにハマる。打球感がマイルドでホールド感に優れ
スピンのかかりも比較的良好。それでいて切れにくい性能が
欲しいプレーヤーに最適。すんなりとボールが飛んでほしい人には
使ってみて損はないモデルだ。このテイストは特殊なのでライバルは
ポリエステル系にはいないのではないかと思う。
強いて挙げるならナイロンモノフィラメントからの乗り換えに最適な
キルシュバウム「スーパースマッシュ」か。
posted by goforit at 21:18| Comment(1) | ◆ストリング情報
この記事へのコメント
ポリファイバーの製品を使いたいと思っていますが張り替える時は他社製品同様ナイロンよりテンションを下げて張った方が良いのでしょうか?
ご意見聞かせて下さい
Posted by 川崎 at 2009年03月15日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。