2009年02月14日

「ピュアドライブ」ここに気をつけて

IMG_0210.JPG
その時代を代表するラケットがあるものです。

澁谷が10代のころはウッドのレギュラーサイズが主流だったので
フタバヤの「ウイニングショット」や「ゴールデンショット」などが
誰もが使ったエントリーモデルでした。
20代前半はヨネックスの「R-22」。大学サークルテニスブームの中
もう本当にバカ売れしました。
噂によるとこのモデルだけでビルが建ったそうです。
大きなサークルでは、練習のとき自分のR-22を手にするまでに
「これかな?違った」「となりのこれ?」「あれ、どこにあるんだ?」
「あ〜、友達が間違って私の使って打ってる!」と大騒ぎ(笑)。

最近ではバボラ「ピュアドライブ」が当てはまります。
1面に一人は必ず持っているとか、ダブルスの試合で4人全員が
持ってプレーしてたとか、笑い話になりそうなほど。
go for it ! でも一日10本近くこればかり張っていたこともあります。

そんなピュアドライブですが、張るまでの下ごしらえが大変です。
とにかく塗装がはがれているものが多い。せっかくのきれいな
デザインなのにぼろぼろになっているのでせっせと再塗装します。
専用カラーのタッチペンを用意しないと間に合いません(笑)。

原因はフレームの形にありそうです。ラケットを2本以上まとめて
バッグに入れると、フレームの接地するところでこすれやすい
形状で、写真のように線状に塗装が痛んでしまいます。
痛んでいるラケットの持ち主は、ほとんどが2本以上持っている
人なのではないかと思います。

<ピュアドライブをバッグに入れるときの原則>
2本まとめて入れないこと。
またはソフトカバーなどに個別に入れてから、まとめること。
地面に倒して置かないこと。

これさえ守ってくれれば、比較的きれいに使っていけるはずです。
大切に使って長持ちさせてあげてください。
posted by goforit at 21:35| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。