2009年02月02日

トップスピン サイバーシリーズ

IMG_0202.JPG
ニューフェイスのストリングのお知らせです。
今回はトップスピンの「サイバーブルー」「サイバーフラッシュ」です。
この製品は、ストリンガー澁谷がストリングの特徴をモニターした
コメントがパッケージに掲載
されています。
<写真 右>
TOPSPIN CYBERBLUE(旧称サイバーパワー
素材:ポリエステル系
構造:モノフィラメント
色目:非透明ブルー
生産:ドイツ製
長さ:12m
太さ:1.25mm
価格:2,400円

<写真 左>
TOPSPIN CYBERFLASH
素材:ポリエステル系
構造:モノフィラメント
色目:非透明シルバー
生産:ドイツ製
長さ:12m
太さ:1.25mm
価格:2,200円

特徴:2006年ドイツテニスマガジン誌で最優秀ストリング
に選ばれたサイバーフラッシュ。更にサイバーフラッシュをソフトに改良したサイバーブルー(旧称:サイバーパワー)。
ポリエステル系ストリングにありがちな角切れ(フェイス先端などで
ボールを強くヒットすると端で切れるトラブル)がほとんど無く、安心してハードヒットできる優等生なストリング。

日本総販売元 有限会社スポーツアジア
↓ こちらもご覧ください!
http://www.sportsasia.co.jp/tennis.html


以下はストリンガー澁谷のインプレッションです。

外観:つるっとした光沢がある落ち着いた深み。渋めの青のブルーは
意外とどんなフレームにもなじむ感じ。明るいシルバーのフラッシュは
張るとほとんど白っぽくなり色ものと考えなくてよい。

張感:ポリエステル系ストリングの中にはデリケートなものもあって、
不用意に張るとマシンの爪でつぶれる・切れるなどのトラブルを
起こす場合がある。このトップスピンの糸はわりともちっとして爪で
つまみやすく結構丈夫な印象で、安定感があり緊張しない張りが
しやすい。初心者が張ってもトラブルが少ないストリングといえる。
ポリエステル系らしく、引っ張った時のストリングの伸びはそれほど
多くなく、しっかり仕上げるためにはテンションをやや高めにセットする
必要がある。

打感:一言でいうと「素直」。特に際立った個性はないが逆にそれが
プレーヤーを選ばず、誰が使っても満足が得られるストリング。
シルバーのフラッシュと青のブルーで大きな違いはないが、多少
ブルーのほうがマイルド。トップスピンというブランドネームだが
スピンがすごくかかるわけではない。どちらかというとドライブ的に
ハードに打ち込むスタイルに適合しそうな印象。球伸びは結構
良好で失速感が少なく、コートの奥に相手を追い出すショットが
打てる。若年層のハードにプレーする人におすすめなモデル。

相対:ライバルは丈夫さでルキシロンのZOLO125。ゾロは打球感が
固&柔らかいという個性的なので、トップスピンのほうが万人向け。
または最近発売されたトアルソンRENCON125。レンコンは色と
太さが豊富(今後1.20mmを発売するらしい)な点が有利。ただし
レンコンの色は個性的なので、トップスピンのほうが万人向け。
posted by goforit at 20:53| Comment(0) | ◆ストリング情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。