2009年01月31日

変なラケットコレクション2

IMG_0181.JPGIMG_0197.JPG
大好評の変態ラケットコーナーです。
(↑誰がよろこんでいるんだ? あっ自分か…)

今回は「曲ったラケット」です。
フレームが真っ直ぐなんて決まりはないっ!とばかりに、みごとに
反っていますね〜。あっこれ不良品なわけではないですよ。
ちゃ〜んと理由があっての反り返りなんです。

ラケットを握ってスイングすると、手首をこねたり肘を曲げたりして
窮屈な感じがします。えっ?しないって??それは曲げるのに
慣れちゃったからですよ。体のつくりにラケットを合わせようと
考えられたのがこれらのモデルです。そのまま腕をのばして
ラケットを握れば、面がちゃんとボールを打ちやすいところに
セットされます。なんという優れもの!

左はベルギーのスノアートのエルゴノムというラケットです。
このタイプは最近まで新作が発売されていました。
ストリングを張って掲載しようとしたのですが、今のマシンでは
サポートパーツをはずさないとマウントできないことが発覚!
張り替えに来られるとまずいので研究しておきます。

右はスウェーデンのアーグ(ERGE エルグかも)のラケットです。
これは日本の代理店がリハビリ関係の会社で「こんなのあるけど
どうですか」と売り込みに来てたのですが、その後販売されたかは
不明です。

確かに理にかなっているのですが、すべてのショットが打ちやすい
わけではありません。サーブやボディショットはどうすればいいの?
まぁ、競技用ではないと考えればありでしょう。

少なくとも根性は曲っていないラケットですよ



うまくまとめた?そうでもないか(笑)。
posted by goforit at 20:14| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。