2018年07月24日

HEAD XTREME

IMG_0404.JPG
以前から丸型フレームとして存在した
EXTREME 100 系です。画像左

面をかぶせてグリグリのスピンをかけるには
うってつけの横広ともいえる丸型フェイス。
ストリングのパターンもハードスピナー向けに
中心部が細かい升目にして切れにくくして
あります。

リニューアルしてEを取ってXTREME 100。
同じエクストリームと発音するのでしょう。
しかし前モデルとは適合するプレーヤーが
異なりそうです。画像右

ストリング本数やフェイス面積は同じでも
面形状は横に8mm程狭く、縦には8mm程長く
ストリングのパターンは密から粗へと変更。

まるでSラケのごとく、升目の大きさが
広がっています。

スピンのかけ方がトップスピン系から
ドライブ系に変化したために、設計を
見直したということでしょう。
posted by goforit at 21:13| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。