2018年07月10日

クラシックモデル DONNAYカーボン時代 その1

IMG_0397.JPGIMG_0398.JPGIMG_0399.JPG
レインボーカラーが印象的なドネー社の
カーボン製のモデルのレストア仕事。

グロメットが劣化して張ることができないので
総取り換え。もちろん正規のグロメットセットは
手に入らないので、ピングロメットで対処。
さいわい、フレーム本体はとてもきれいで生存。

長さ、太さが違うパーツをそれぞれ差し込む
画像上
ストリングを張る向きに合わせておき、
フェイス内側を適正な長さに切りそろえる
画像中
ストリングを張り上げる
画像下

ストリングはなるべく細いマルチをご希望。
テクニファイバーのX-ONE 118でがっちり
張り上げて、振り切った時に面安定性を
楽しめる仕上がりになりました。
posted by goforit at 20:52| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。