2018年05月25日

日本がテニスで世界に勝つ方法を考える その4

今回はバレーボールのサーブを参考にします。

注目はトスアップ。

昔はアンダーからのサーブで高く遠くへ打って
攻撃を遅らせるためのもの。
頭くらいの高さへポイッとトスしてました。

その後頭より高く、横に上げてサイドスローの
ように打ち込むようになりました。
多少攻撃的な勢いをつけています。

さらに頭の正面上にあげてリストを効かせて
少し回転をつけてドライブ気味に打つ方法。
今では割と一般的かな。

ここまではトスの高さが低めで、正確にヒット
することが狙いですね。
顔の近くで打つことでボールがよく見えるし。

そしてトスを高く上げて打つ方法があります。
ヒットするときに落下力が作用して、サーブの
スピードがあがります。
すこし正確性が減りますけど、かなり攻撃的な
サーブとなります。

わざと回転かけたトスをあげて、ヒットした
後に癖のあるサーブにすることも。

難易度をあげてトスをかなり前方に投げ上げて
ジャンプしてスパイク気味に打つ方法。
ボールは進行方向に移動しているときにヒット
するので、スピードは出るしショックも少ない
サーブが打てます。

さらにランニングジャンプサーブでは、
トスを前に上げるだけではなく、自分自身も
後ろから駆け上がってくるので、スイングに
移動スピードが加わります。

日本女子チームが得意としているのが魔球。
無回転のサーブを打って相手を翻弄する方法。
スピードは速くありませんが、ユラユラと
ゆれて手元で落ちたり伸びたりとします。
これはトスが顔の高さで、打つというより
押し出すイメージかな。

テニスのトスはあまり気にしていない人も
いますが、打ちたいサーブをトスによって
精度をあげたり、効果を高めたりする工夫は
必要だと思います。
サーブの成功率はトス次第。
イメージ通り上がれば80%は確実です。
posted by goforit at 22:27| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。