2018年04月11日

さてこの人の打ち方は?

IMG_0342.jpg
傷みやすいマルチナイロンを使用している
常連さんのラケット。半年使用です。
この状態から見えてくるプレーヤーの
打ち方を分析してみましょう。

ストリング面にささくれが発生しています。
どうやらスピンをかける打ち方です。
しかしセンター部分に集中しているので
先端でひっかけるハードスピンではなく
ナチュラルドライブ傾向だと思われます。
そして横糸の痛みがはげしい状態です。
これはラケットが横方向に振られている
レベルスイングが多いことを示しています。
斜め方向に傷みが走っています。
どうやらラケットを握る面を決めている
ために一定方向に傷んでいるようです。

ストリングの傷んだ状態で見えてくる
プレースタイル。
カウンセリングをして、予想した打ち方か
裏付けをとり、合っていれば最適なセット
見つかります。

初めておいでになる場合は切れていない
状態でラケットを持ってきていただければ
かなりイメージしやすいです。
posted by goforit at 20:16| Comment(0) | ◆ストリンギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。