2018年03月13日

馴染んだストリングとボールが好き 前編

試打用のラケットの状態がよかった、とか
友達のラケットの具合がいい、とか
中古のラケットが同じ自分のよりいいとか。

そんな話をよく聞きます。

ストリングが自分用に張られていないのに
なぜか使いやすくて気に入ったから、これと
同じストリングやテンションをあつらえれば
最高だろー。そーだろ!

ちょっと待ったあ〜。

そのストリング、賞味期限過ぎてな〜い?
張りたてではないのは状況でわかります。
どのくらい使ったかも、どのように使われて
きたかも定かではない。
すでにパフォーマンスは発揮できないのかも
知れないですよ。

どのようによかったのかを聞いてみたら
使いやすいとは「ミスが少なかった」から。
けっして「すごいショットが打てる」から
ではないようです。

ラケットをボールに置き換えてみましょう。
試合はニューボールで行うのは当然ですね。
セットボールや抜けているボールはNGです。
なぜってエースが決まらないから。
打っても相手に取られちゃうから。
そえ、勝ち負けにこだわるから試合球は
ニューボールじゃなければダメなんです。

ラリーをつなげる練習のときはちょっと
抜けているボールのほうが続きます。
距離が飛びすぎもせず、ラケット面からの
飛び出しも乗っかるので安定しています。

コントロールが容易。

おっと、自分だけじゃなく相手も同じ
感想を持っていることをお忘れなく。
つまりラリー続くけど、キメ手なしで
勝負つくのが大変遅い。

勝負を早く、エースで決まればベストな
プレーヤーはニューボールが適合。
勝負をなるべく遅く、ひたすら相手の
ミス待ちを狙うプレーヤーはニュー球
苦手となりますね。

ストリングに話を戻す…次回に続きます。
posted by goforit at 20:01| Comment(0) | ◆ストリンギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。