2018年03月09日

ヨネックス REGNA 98 

IMG_0327.jpg
今や自転車業界の風雲児のヨネックス。
カーボンを活用した製品で多方面に進出
していますね。
自転車フレームを発売したときは株価が
倍増したそうです。
冬季五輪でもスノーボードなどでロゴを
見かけたり、サッカーのJリーグでウエア
着用されたり、朝日新聞(だったかな)の
配達員のユニファームだったり。

きっかけとなったのはこのレグナの発売
あたりからでしょうか。
カーボン繊維の編み方を密度高くして
しっかりとした打球感を実現しました。

愛用している人のほとんどが、張りにも
こだわりハイパフォーマンスの糸を
選ぶ傾向があります。

チョイスしたのはテクニファイバー
「X-ONE 118」ナイロンマルチの中でも
ライバルがいない極細のモデルです。
もとはスカッシュ用のストリングと
共用の製品です。

乗っかりがありながらスカーンと弾き
打ちごたえもある名品です。

テンションは48で飛びはニュートラル。
振動少なめで先端にスイートエリアを
移動した張り方をしています。

打球感が上質なフレームには上質な糸。
満足できる打球感の仕上がりになります。
posted by goforit at 21:05| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。