2018年03月07日

ヨネックス EZONE 98 その3

澁谷がEZONE 98を打ってみた感想。

たしかによく飛ぶとはいえませんが、面の
安定性はよく球飛びの距離感はブレがない
コントロールよいモデルだと感じました。

スピン性能はそれほどでもないかな。
しっかりと打ち込むプレーヤーなら相性は
悪くないはずです。

澁谷は回転に重きを置かないフラット系の
ボールをつぶす打ち方をします。
どちらかというとスイングで振るよりも
インパクト重視で、テイクバックから打点
までを一気に押し込むタイプ。
あまりフォロースルーはしません。
普通の人にはちょっと変わった打ち方だと
思われることでしょう。昔っぽい。
メチージュみたいな打ち方だといわれる…。
そうかぁ?

一方、EZONE 98や100が気に入っている
お客さんのプレーは、ものすごく振り回し
スイングスピードがとても速い人が多い。
抑えが効いていいぞぉ〜とブンブン!

ああ、なるほど。

フレームがしなる打ち方じゃないとEZONEは
あまり適さないんだと実感。

EZONEというネーミングは「いーぞ、これ」
「イージーだよね」というニュアンスを
連想させられます(勝手な想像)。
その流れで今までリリースされた初代から
4代ほどの歴代モデルはその通り楽チンな
ラケットで、当初はシニアや女性に合う
傾向が強い印象がありました。

その後のDRが万人受けに進化して男性も
多く使うようになったので、ちょっと
ハードに向かったのかもしれません。

EZONE HARDという名称ならよかったの
かもなぁ。

まぁDRを残してEZONEを追加していれば
混乱する人はいなかったでしょう。
普通は後継機種だと思うものね。
posted by goforit at 20:28| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。