2018年02月14日

国内正規品と海外輸入品 見分け方

IMG_0291.jpgIMG_0293.jpg
テニス用品に限らず、同じ製品でも多くの
メーカーで国内と海外の価格が異なります。
それは為替の関係で差異が出るのですが
あえて戦略的に高く、または安く設定する
場合もあります。

特にヨネックスはアメリカでデビューした
際に、日本よりも高い値段で売ることを
選んだといいます。
富裕層狙ったとも、ハイクラスブランドへの
ステップだといわれますが、遠くのコートで
使用してもわかる四角い形状や、有力選手と
契約して知名度をあげることも同時に行い
狙い通りに世界的なブランドになりました。

今では為替や市場の状況が変わったので
それほど変わらない価格に落ち着いている
でしょうが、それでも海外とは販売方法が
違うので、逆輸入品があったりします。

違いを見分けるのはグリップサイズの
表示を見ること。

アメリカで発売されているモデルは
グリップサイズが「2」と「4-1/4」と
併記されています。日本は「2」のみ。
ウイルソンなどもこの方式です。
それ以外のメーカーでは日本も海外も
同じ表記なので判明しづらいですけど。

ヨネックスだけはシリアルにUSとJPと
刻印されているので明確にわかりますね。
posted by goforit at 23:04| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。