2018年02月03日

デ杯イタリア戦2日 1-2

ラバー3は団体勝敗を左右するダブルス。

初日イーブンの場合はイタリアは予定を
変更してダブルスで必勝を期するために
フォニーニ3連戦が既定路線だったようで。

全豪優勝したこともある最強のペアを投入。
ダブルスに専念して調整してきたボレッリに
リードされ、自由に振る舞うフォニーニに
内山・マクラクラン組は押し切られました。

スコアは1-3。

これで疲れがでているフォニーニを杉田が
破って、テクニシャンのセッピを太郎が
粘りで退けて、最終日勝利を奪いたいが。


澁谷の注目点はマクラクランのストリング。
先月の全豪まではフレームメーカーのロゴ
ステンシルはなく、ストリングのロゴだけ
入れていました。ソリンコHYPER-Gですね。
おそらくフレームでの契約は正式ではなく
ストリングも自由に選択できたのだと
思われます。

近年フレーム契約の条件がきびしくなり、
以前は緩やかだったフレームとストリングの
ダブルロゴ入れが難しくなりました。
フレームメーカーが「自社のストリング」
使用を求めて、不可ならば他社ロゴの併用
さけてほしいと希望されるようです。

今回ウイルソンのロゴが入り、ストリング
ロゴはなくなりました。正式にフレームの
契約したのか、ストリングも今までとは
あきらかに変わりました。
なにになったかは不明ですが、自社の
囲いがあるならばルキシロンとウイルソン
からチョイスしているはずです。
posted by goforit at 19:33| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。