2018年01月30日

留めるノットにこだわり

IMG_0281.jpgIMG_0282.jpg
緩まなければどんな方法でもかまわないと
いえますが…。

やはりきれいでありたい縛って留める部分。
ノットといいます。

ノットの必要な要件は
「緩まない」
「穴の中に埋没しない」
「ちぎれない」
これが必要最低限です。

「グロメットの穴をつぶさない」
「ストリングを傷めない」
次回張るときに問題になります。

「先端がフレームから飛び出さない」
露出している肌に引っかかったら危険です。

そしてプロストリンガーならば、仕上げは
美しくあって欲しいですね。
すべてのノットが統一感もって同じ形と
方向を向いて揃っているのが白眉でしょう。


ストリンガー同業者なら「この留め方は
あそこのお店だ」と判断できます。
きれいに留めてあるストリンガーは
リスペクトしちゃいますね〜。
posted by goforit at 20:49| Comment(0) | ◆ストリンギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。