2018年01月13日

HEAD Gプレステージ セット例

IMG_0258.jpgIMG_0257.jpg
プレステージS  Hさん 男性40代
テンションは普通からやや硬めで、球飛び
具合は抑えめを希望。46ポンドで張りました。
ストリングはウイルソン NXT16。グリップ2
仕上がりの総重量は325g 画像上

同じ日に似たような条件のもう1本。

プレステージプロ Oさん 男性40代
テンションはとても硬めで、球飛び具合は
抑えめを希望。65ポンドで張りました。
ストリングはウイルソン NXT16。
グリップ4を5にカスタム
仕上がりの総重量は355g 画像下

テンションの差は約20ポンドありますが
ボールを突いた感じはわりと似ています。
重量とグリップサイズがあがると、硬く
仕上がった状態がなかなかグッドな印象。
テンションが低くても振動止め付けると
硬く感じて似てくるということです。
逆にいうと、硬いと振動止めなくても
不便なく使えるわけですね。

もちろん、どのフレーム、ストリングで
当てはまるわけではありません。
しなりがあるプレステージ系フレーム、
粘りのあるNXTストリングは適合レンジが
広いからです。
ハイテンションからローテンションまで
それなりに好感が持てる万能性がある
モデルである証明だといえます。

思い切って冒険したらおもしろいです。
posted by goforit at 22:03| Comment(0) | ◆ストリング情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。