2018年01月10日

スカッシュ ヘッド グラフィンスピード

IMG_0253.jpgIMG_0251.jpg
昨年発売されたグラフィンモデル。
張り方が2種類あり、一つのラケットで
好みのパターンをその都度選べます。

従来の開いたパターンが上の画像。
12×17スタイル。
楽チンな振り抜きと球飛びが得られます。

下が今回から採用された新パターン。
16×17スタイル。
目が細かくなることで、しっかりとした
打球感になり、面圧も固くなります。
縦糸がテイパー状で密になります。
メインのボトムホールから2本づつ通して
上に放たれます。
ラケットボールのフレームではよく見られる
ストリングパターンです。

テニスラケットでも同様なパターンが
出るかというと…。

現在のルールでは、縦糸と横糸で四角に
ならないといけないので、キャッツアイ
ぽい見た目はちょっと難しそうだな。
posted by goforit at 20:58| Comment(0) | ◆フレーム歴史館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。