2017年12月19日

ストリンガーになってから その2

IMG_0193.jpg
西武スポーツ吉祥寺時代は、ストリンガーと
してのキャリアを積めました。店でお客さんの
ラケットを張る仕事をこなすだけではなく、
プロ選手のサポートをするオフィシャルの
経験もしてきました。

当時スタートした東レ・パンパシフィック
オープンのオフィシャルストリンガーとして
すべての選手のラケットを張り替える役目です。
セゾングループがスポンサーであったことも
あり、予選から会場でサポートにマシン搬入。

世界女子ダブルス選手権セーラムとかも
担当した記憶あります。
トーナメントのコーディネイターが歌手やめた
子門真人さんだったのは驚きましたけど。

記憶は定かではないのですが、たぶんデビュー
したての伊達選手のラケットも張りました。
他には全日本最年少優勝15歳4ヶ月、ヤマハを
使用していた雉子牟田明子(姉)選手とか。
ダブルスが強かった平木理化選手とか。

代々木体育館で行われていた当時のPPO。
写真は日本で大人気だったマレーバ。
可愛かったです〜。

グラフがランキング1位になる直前に初来日。
決勝の日が大雪で大変でした。
グラフと並んだけどそれほど大きくないのが
意外でした。顔はすっごく小さかった〜。

いい思い出ですぅ。
posted by goforit at 21:38| Comment(1) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
世界女子ダブルスはバージニアスリムスだったっけ。間違いました。当時はスポーツイベントにタバコ会社がメインスポンサーになっていた時代。いまではちょっと違和感ありますが。プレスルームに10本入りサンプルのタバコが山積みで取り放題になってました。
Posted by go for it ! at 2017年12月20日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。