2017年04月11日

仕上げに美しさを(ノット編)

IMG_0012.JPG


ストリングの結び止め部分をノットと
よびます。

このノットがしっかり止められてないと
緩みの原因になったり、異音が発生する
ことがあります。
ストリングの太さと止め穴の大きさを
考えて、抜け落ちないようにノットの
結び方や大きさを変えることが必要。

止め穴が裂けたり潰されている状態は
論外です。
次回張る時どーするんですか!
止め穴にノットが埋没しているのもNG。確実に緩みます。

他の人が張ったラケットは、ノットの
クオリティを見て腕を判断できます。
プロストリンガーはノットがちゃんと
してます。

ストリンガー澁谷はさらに美を追求(笑
ノットを揃えて統一感をだしましょう。
ぱっと見、なんかきれいに感じるのは
イメージに刷り込まれますから。
posted by goforit at 19:06| Comment(0) | ◆ストリンギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。