2016年12月07日

フレームメーカーの傾向

最近ハタと気づきました。
昔に比べて妙に張替えに出される
フレームメーカーが限定されていることを。

バボラ、ウイルソン、ヘッドばかり。
それに続いてスリクソン、ヨネックスといった感じ。

モデルも各社3,4種類で毎日同じラケットばかり
張っている印象がありますね〜。

当店はストリングをプレーヤーに合わせてなるべく
細かくチョイスするようにしています。
張り替えるたびに合うストリングに変える提案をします。
そのために他店に比べて張るストリングのかたよりが少なく、
メーカーもモデルも太さも比較的バラけています。
もちろん張り方やテンションもこだわります。

それによってフレームが同じでも別物に仕上がりますが
フレームの選択肢が少なくなっていると、ベストチョイス
ラケットの完成から遠ざかることにもなりかねないです。

それだけフレームの性能が上がって、どれを使っても
結構いい感じでプレーできるということでしょうが。
ストリンガー澁谷としてはマニアックなメーカーが
もっと支持されると楽しいのです。

お客さんが張替えに出すフレームが少数派であれば
ウキウキしちゃいますねぇ。


《 go for it! 澁谷 》
posted by goforit at 21:07| Comment(0) | ◆気ままな日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。