2014年09月13日

錦織を目指すのもよし

uniqlopolonolekei8.jpg
数日前に本拠地フロリダで練習再開した錦織。
本日、日本に凱旋帰国。
今週は日本でスポンサーやメディアへの対応をするのでしょう。
楽天の前週にはアジアツアーのクアラルンプールに出場する
予定です。

全米ではモンテネグロ出身のラオニッチ、
セルビア出身のジョコビッチ、
クロアチア出身のチリッチと
旧ユーゴスラビア連邦の選手(〜ッチさん達)と戦った錦織。

長身で強力サーブが武器の「チッチズ」と勝手に命名(笑)。

それに対して「アジアンズ」は男子歴代トップの錦織と
女子歴代トップのリーナが完成形なのかもしれません。
粘り強いストロークからの早い切り返しや、強力ではないが
決定力があるサーブのオールラウンダー。
爆発的なショットはないが、穴が少なくミスをしないスタイル。

今後は「錦織を目指せ」と指導が一辺倒になりそうな気配。

人と同じなのはつまらないと思う澁谷は、違う考えをします。
外人並みの体格や性格なら、モデルは海外にあると思っても
よろしいかと…。
実際、若手で活躍しているのはハーフや海外で生まれ育った
プレーヤーが多いです。
早くから世界を見据えているし、日本人というこだわりは
少ないのかもしれません。

錦織を目指すのもよし、目指さないのもよし。
要は自分に合ったモデルを見つけて参考にすることだと
思います。
posted by goforit at 20:32| Comment(0) | ◆テニスがうまくなる方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。