2018年05月09日

プリンス グラファイト90 レストア その3

IMG_0359.JPG
さてこのプリグラMSの持ち主ですが…。

なんと20歳の男子です。
最近、市民大会に出てシングルスで優勝。

それもプレースタイルがストローク&ネット。
おいおい、ほんとに20歳?
350gオーバーのこんな小さい面で?
タイムスリップして来たのかいな。
それでグリップに10g重りをつけろという
カスタムをリクエストしたのか。

しばらくRF97を愛用していましたが、初期の
プリグラ使ったら大変調子がよろしいとのこと。
気に入って10本ほど中古を集めだしたという
若きマニアさんです。

じつは父親が、澁谷がストリンガー職に
ついて以来の常連さんでして。元インカレで
やはり愛用はプリグラMS。蛙の子は蛙ですか。
息子を上回る20本近く所持しています。
当店で「張るときまで置いておいて」と
14本あずかっています(笑)。

息子はメルカリで収集、父親はヤフオクで
収集と物件カブらずに出物をチェックして
いるそうです。

go for it ! 向きな親子〜(笑)
posted by goforit at 19:58| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2018年05月11日

KAWASAKI ALLMAN 福井烈モデル

IMG_0356.JPGIMG_0357.JPG
ウッドレギュラーラケットの名品オールマン。
ベテランのプレーヤーにはお懐かしでしょう。

通常のオールマンやオールマンプロは見たこと
ありますが、この烈モデルは市販されていない
福井プロ専用です。
持ち主は福井プロから直接譲り受けたそうです。

事情通によるとヒッコリーを使用したカスタム
メイドで、その打球感はしっかりとして
たいへん音がよろしいとのこと。

その当時のストリングに近いモデルで、音を
響かせる仕様で張ってみました。
ゴーセンのミクロスーパー16、それもアンバー。
蛍光ホワイトが出る前のスタンダードがこの
生成りの色でした。白に比べると少し固い
印象の打球感なのです。

持ち主は「これ!すげー」と感動していました。
よいG.W.となったことでしょう。
posted by goforit at 23:25| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2018年05月14日

立川!そして調布!

tatihi.jpgmusasino.jpg
有明コロシアムが改修のために、今年の
大会会場が多摩地区に新規オープンした
インドア施設に変更。

東京都下の住民にはありがたいことです。
しかし共に最寄り駅が小規模なために
込み合うでしょうね〜。

9月15日(土)〜23日(日)東レPPO 
アリーナ立川立飛 キャパ3275人

10月1日〜7日 楽天オープン
武蔵野の森総合アリーナ キャパ6000人

1万人の有明に比べると小さいですね。
選手が近くに見えるのはうれしいけど。

立飛というのは立川飛行場の略で、昔は
軍用基地でした。
味スタや武蔵野の森があるところも
昔の調布飛行場の一部で、ここも軍用基地。

だだっ広い場所は大体軍施設だぁね。
posted by goforit at 21:20| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年05月15日

川上から川中、川下へ

名前のことじゃありませんが…。

先日、それぞれの職業のカテゴリーが違う
知人の集まりがあって、仕事の深さを
聞く機会がありました。

素材生産のメーカー・素材から加工製造する
職人・製品を顧客別に組み立てるの3種類。

澁谷は最後のセットアップ業ですね。
そこにはセットするためのリクエストを
聞き、正確に仕上げる作業が必要です。

まったく仕事内容が違うから参考には
ならないかもな、と思っていたら…。
川上の素材生産も、川中の素材を加工して
製品を作り出す側も、川下の製品組み立て
セットアップも最後に手渡される顧客に
満足してもらうことがやりがいでした。

セットアップするときに「もっと有効な
アイテムはないかな」「もっと便利な
道具はないかな」と思うことは常です。

川上、川中の人たちの話を聞いていたら
欲しいけどないなら、自分で作るしかない
という当たり前のことに気付きました。

新たなステージの目標も見えて有意義な
集まりでした。畑違いの人の話には
刺激を受けますな〜。
posted by goforit at 20:56| Comment(2) | ◆気ままな日記

2018年05月16日

恒例の棚卸

定休日を利用して決算に向けての棚卸。

毎年、担当税理士さんに怒られています。
「在庫が多い!」
う〜ん、確かに…。

年間張り上げる数よりも多いストリングを
抱えているのはちょっとなぁ。
まぁ糸マニアなので、これは他メーカーには
ないぞっというモデルはつい発注しちゃう。
誰が使うんだ?という想像を働かさないと
いけませんね〜。
posted by goforit at 20:25| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年05月18日

名前の連呼

昨日から今日にかけてTVでずーっと秀樹が
連呼されています。私も秀樹。

渋谷哲平のシブヤ、西城秀樹のヒデキです。
名前だけは男前でしょ〜と自己紹介の鉄板ねた。
合コンではよく使わせてもらいました。

しかし日本中ヒデキだけで誰かがわかるという
有名な人。ものすごい知名度です。

私も個人としてそうなりたいものです。
合掌。 
posted by goforit at 22:27| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年05月21日

日本がテニスで世界に勝つ方法を考える その1

妄想だと思ってお付き合いください(笑)。
マジなダメ出しはいや〜ん。

日本人がテニスで不利とされている言い訳を
あげてみると、体格的に劣る・パワーがない・
個人戦よりも団体戦向き・ハングリー精神不足
などがよくいわれます。

たしかにそうかもしれません。
じゃあ、テニス以外の活躍している競技を
参考にしてみるとどうでしょう。

五輪種目ならフィギュアやスピードスケート、
体操や水泳、レスリングや柔道、最近は卓球や
バドミントンもメダリスト輩出しています。

けっしてテニスがダメなわけではなさそう。
競技人口が少ないところを狙えばいい?
アマチュアスポーツならプロより厳しくない?
いや、テニスはプロスポーツで層が厚いから…。

なんか納得できない理由な気がします。

そう、野球が強いよね〜。
メジャーにも多く進出したりして。

最近の大谷フィーバーでメジャーの中継を
観ると、細かい分析データが即座に表示。
投手の投げるスピードやコースだけでなく
打者の打った打球のスピードやら野手の動きの
効率までが画面に現れる。

ものすごい分析で競技の底上げを図っている。

そういえばテニスもボールの回転数やら
スピード、コース、ヒッティングポイント、
ランニング距離などがすぐさまデータで
表示されています。

なんか、これを利用できないかな。
ここから澁谷がもやもやと妄想を始めました。
posted by goforit at 20:56| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年05月22日

日本がテニスで世界に勝つ方法を考える その2

野球のピッチャーの投球スタイルはテニスの
サーブに参考になります。
スピード感や距離感も近いし。

日本人投手でメジャーに通用しているケース。
スピードで押すよりもコントロールや変化球で
勝負しているタイプが多いですね。

昔よりも球種の分類が増えているかな。
回転の縦・横においての角度や回転量や順・逆
方向へのバリエーションに細かな名称がついて
います。それも何本の指で縫い目のどこを
ひっかけて投げたかまで、分類されています。

ピッチャーはそれをもとに投げられるように
練習することができます。
画像ではその軌道が確認できます。
目指す目標が数値で明確。

テニスのサーブにはそれほど細かい名称はない。
なんとなくスライスとかスピンとか表現して
いますが、練習する際にもなんとなくになる。

スライスひとつとっても様々です。
すべるとか切れ込むとか伸びるとか。
名称をつけて打ち方のレシピを作りたい。

もっとどの位置でヒットする、当てる角度は
このように、面の当て方と抜き方、リストの
返し方まで細かく理想的なスイング軌道が
あれば、かなりサービス巧者になれるはず。
それも10代で完成に近づけるでしょう。

投手なみの球種を持てれば、かなり相手を
翻弄できるのでは?

スピードを追及するのも大切ですが、日本人
らしいサーブはタイミングとコントロールと
変化球の種類と精度なんじゃないかな。

野球投球術を極めた人をサーブ指導者として
招聘して、テニス界が思い込んでいる呪縛を
解くことが必要だと思っています。
posted by goforit at 22:02| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年05月23日

日本がテニスで世界に勝つ方法を考える その3

今回は卓球のサーブを参考にします。

裏表のラバーによって回転を変えたり、七色の
変化をつける卓球のサーブ。
ノータッチエースはありませんが、返球を
容易にできないようにすることが目的。

注目ポイントはラケットの面の使い方。
ラケット先端が上や横や下に向いてる自由度は
大変興味深いです。
それによって回転も縦の順回転や逆回転、
横にも順回転や逆回転をかけることができます。

テニスもアンダーサーブはありますが、あまり
使わないですね〜。もっと自由に考えてみる。
ソフトテニスではキラーサーブとなりますが
フェルト表面ではゴムよりもブレーキがかかり
づらいかな。

いずれにしても追及すれば面白いことになる
気がするのですが。
身長のアドバンテージが不要なサーブを開拓。
いかがでしょうか。
posted by goforit at 20:02| Comment(0) | ◆気ままな日記