2018年01月20日

撮影風景

IMG_0262.jpg
ブログ見返してみたら、愚痴ばかり書いている。

いかんいかん〜。

セット例の写真の撮影風景でも見て笑って
くださいませ。

なんで傘さしているか?
ストリングのパッケージに照明光が反射して
文字が見えなくなることが多いので、遮光です。
透明傘では効果なく、黒傘では暗すぎる。
そこでベージュ。

イイ感じ(笑)。
posted by goforit at 20:23| Comment(0) | ◆気ままな日記

2018年01月21日

WILSON PROSTAFF RF97 セット例 Sさん(男性40代)

IMG_0217 kさん.jpg
しばらくヘッドのラジカルばかりを掲載
しました。それだけ使用している人が多い
のですが、負けずに多いのがウイルソンの
プロスタッフ97系。
なかでも重量があるフェデラーモデルの
RF愛用者、結構多いです。

RF97 Sさん 男性40代 米国から帰国
細かく指定があるリクエスト。
欲しい打球感がピンポイントであるのは
よろしいことですね。

ストリングはルキシロン「4G ROUGH 125」
テンションは50ポンドで球飛びは普通。
先端が飛ばないとつらいので、スイート
エリアは上方向になるようにセット。

まぁ、ここまでは当店ではよくある注文。

画像ではわかりにくいかもしれませんが
豆皮をボトムに3個、サイドエンドに2個。
横糸のノット(留め)はクロスで留める。
このオーダーはそれほど多くありません。

打球感に関わる注文ですが、効果よりも
以前からそのようにしていたという
見た目の安心感のほうが優先らしいです。


自分専用のセットがあるのがベストです。
納得の打球感、安心の見た目は重要です。
posted by goforit at 19:18| Comment(1) | ◆ストリンギング

2018年01月22日

WILSON PROSTAFF 97 セット例 Iさん(男性50代)

IMG_0225.jpg
フェデラーモデルとしてのRFは最高ですが
ちょっと重すぎるので一般プレーヤーに
相性がよいのがプロスタッフ97。

PS97 Iさん 男性50代 

かなり昔からの常連さんです。
ずーっとブリヂストンの初期モデルの
プロビームMDを愛用していました。
最近のフレームではしなり感が足りず、
軽すぎて打っていて楽しくない。
いろいろ試打しても、ボールが乗らずに
飛んでしまい、コントロール性が不満で
買い替えることができずに困っていました。
しかたなく、程度の良いプロビーム中古を
買い集めてグロメット直して使用。

そこに登場したのが97プロスタッフ。

これならコントロール性は抜群だし、
球の伸びもスピン性能もベテランの方が
新たに手に入れられるベストチョイス!
お勧めしたら、いい感触だったらしく
「これだっ」と使い始めました。

ハードに打つけど面安定性と球飛びを
両立したいので、細めのナイロンマルチと
ポリエステルのハイブリッド。
プロビーム時代はテクニファイバーの
X-ONEとシグナムプロのポリプラズマ。

プロスタッフにしてからはストリングの
パターンが広がったので切れやすくなり
価格を抑えながら打球感が満足できる
テクニファイバーXR-3 1.25とシグナム
プロのハイペリオン1.18で組みました。
それでもやはり切れやすいので、予防で
ストリングセーバーを挿入しています。

テンションは55ポンドのニュートラルな
球飛びで、振動は少なめになるようセット。
手応えは固めですが、フレームが打ち味が
マイルドなので、ドンっと打つ人には
かなり使いやすいかと思います。
posted by goforit at 19:50| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月23日

WILSON PROSTAFF 97 セット例 Iさん(男性40代)

IMG_0260.jpg
PS97 Iさん 男性40代 

ストリンガーにとってローテンションを
好む人は要注意なんです。

ゆるく張るのは固く張るよりも難しい。
摩擦の抵抗があるので、仕上がりの安定が
一定になりにくいので毎回同じにあげる
ためには工夫が必要です。
さらに、ゆるく張るということはタッチを
重要視しているわけですから、基本的に
スイングがコンパクトで、すっ飛んでは
いけないのです。

打ち味にこだわりがあるからこその
ローテンション選択。
テニスをよくわかっているプレーヤーに
多く見受けられます。

テンションは38ポンドの抑えめの球飛びで、
ナイロンの細ゲージがお好み。
乗っかりすぎてもダメなんですね〜。

ストリングは柔かでありながらクリアな
飛びをするゴーセン「MULTI CX 17」。
耐久性があるのでケバ立ちが遅くなります。
posted by goforit at 20:51| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月26日

今週の土日は張り替えへ

雪が残って土日まではコートが使えない
ところが多いようですね。

週末プレーで時間が取れない人はなかなか
ゆっくりカウンセリングに来れないのでは?

今週末はgo for it !へおいでください。
目から鱗が落ちる気付きを提供します。

お待ちしています〜。
posted by goforit at 16:12| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント

2018年01月27日

PRINCE PHANTOM PRO 100XR セット例 Nさん(女性)

IMG_0263.jpg
昔からの常連さんです。
シニアで頑張っている女性で、市民大会では
上位に進出することも。

ずーとプリンス愛用者で、カスタムを施し
自分用の好みに仕上げています。
そのチューンが独特で、トップヘビーで
重量も重く、打球感はとにかくマイルドに
なるようにしたいという依頼。

まずはフレーム重量へのこだわり。
総重量は376g。かなり重いです。
バランスも考慮しながら、フレームの全面に
鉛テープを配しています。

グリップは凸凹でぐっと握りこめるタイプ。
ストリングはゴーセン「ナノキュービック」。
すでに廃番となっていますが、メーカーの
最後の在庫を30張りほど買い取ってキープ。
このモデルは分子構造をナノ化することで
マルチフィラメントのような柔らかさに。
断面構造はAK PRO的な海島で、モノ寄りで
ありながらマルチの要素を盛り込んだ逸品。
飛びがありながらマイルドな打球感です。

振動吸収性は最大になるように、手を入れて
います。ストリング面ではバボラRVSと
ワームタイプのドップラー。
さらにフレーム面ではバイブカットを2個。
振動が少なくなるように張ってあります。
重量の効果もありますが、張ってボールを
突いてみるとまったくショックありません。

テンションは固めの55で飛び抑え目セット。
それでも固さを感じることなくフレームと
一体化している仕上がりになりました。
posted by goforit at 20:33| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月29日

PRINCE SHARK TEAM98 セット例 Nさん(女性)

IMG_0224.jpg
切れのいいナイロンモノフィラメントは
ないかしら〜。

通常のナイロン系では切れるのを嫌って
1.20mmまであれば立派でしょう。
それさえも数えるほどしかありませんが。

すごく昔から存在するプリンスのシンセDF。
DFとはデュラフレックスという意味ですが
耐久性を高めた巻き糸を配して、スピナー
御用達のストリングとしてありがたい存在。

その太さは驚異の1.15mm。
おそらく、国内で普通に入手できる条件の
ナイロンストリングでは最細でしょう。

シャリーン、キュリューンという音が
コートに響きますよ。いかが?
posted by goforit at 20:55| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月30日

留めるノットにこだわり

IMG_0281.jpgIMG_0282.jpg
緩まなければどんな方法でもかまわないと
いえますが…。

やはりきれいでありたい縛って留める部分。
ノットといいます。

ノットの必要な要件は
「緩まない」
「穴の中に埋没しない」
「ちぎれない」
これが必要最低限です。

「グロメットの穴をつぶさない」
「ストリングを傷めない」
次回張るときに問題になります。

「先端がフレームから飛び出さない」
露出している肌に引っかかったら危険です。

そしてプロストリンガーならば、仕上げは
美しくあって欲しいですね。
すべてのノットが統一感もって同じ形と
方向を向いて揃っているのが白眉でしょう。


ストリンガー同業者なら「この留め方は
あそこのお店だ」と判断できます。
きれいに留めてあるストリンガーは
リスペクトしちゃいますね〜。
posted by goforit at 20:49| Comment(0) | ◆ストリンギング

2018年01月31日

SRIXON REVO CS 10.0 セット例 Sさん(女性)

IMG_0283.jpg
ベテランのレディス中心に絶大な人気を誇る
10.0モデル。見たことあるでしょ?

あれは反則だ、と言われるほど触ればボールが
返ってくるラケットです。
ダンロップのスペースライトというのがベースで
ほとんど姿を変えずにマイナーチェンジして
発売されています。

テンションは42で飛びはニュートラル。
ストリングはゴーセン「テックガットプロ」。

面圧はかなり低いですが、スイングを多く
取らずにコンパクトなスタイルなので
これがちょうどよいとのこと。

ストリングもテンションも柔らかいので
打球感が変わりやすいため、鮮度を気にして
頻繁に張り替えるのです。

持ち主は全国レディス優勝経験者で、2か月
サイクルで張り替えをするプレーヤーです。

勝つためのギア管理が大切。
気合で練習すれば済む、というのは時代遅れに
なりつつありますね。
posted by goforit at 20:46| Comment(0) | ◆ストリンギング