2017年05月26日

ユニクロからラコステへ

ジョコビッチがウエアの契約を変えました。

トップ選手としてユニクロの知名度を上げる
役目を終え、ラコステへと。

錦織はまだ契約していますが、現在参戦
している大会では、帽子を被らずバンダナも
つけず、黒髪のままでプレーしています。
ちょっと珍しい光景です。
posted by goforit at 19:35| Comment(0) | ◆気ままな日記

2017年05月29日

テニス人口 男女どちらが多い?

20年ほど自分で店をやってきて思うこと。

その店に通うお客さんの大半はその店の
店頭に立つ店員と近い属性であるということ。

go for it ! はおっさん澁谷が店主なので
「テニスどっぷり」「道具に特殊な興味あり」
「すでにベテランの域に」「そして男性」
そのようなお客さんが多く通ってくれています。

すべてが合致するわけではないのですが、
4つのうち3くらいは当てはまる印象です。
自分が追及することが同じ属性に親和性が
あるからだと思います。

昔お世話になったコンサルの大先生は
「ひとり親方で職人仕事ばかりやっちょるな。
開店以来どのくらい規模が大きくなった?
10倍くらい伸びんと起業したといえんぞ」
と叱られます。確かに伸び率は極小…。

お店を伸ばすにはその属性から外れた部分を
獲得することでしょう。

テニスどっぷり→テニス以外の競技としては
スカッシュのお客さんが多くなりました。
どっぷりテニスに対してあっさりテニス客が
もう少し検討の余地がありますねぇ。
専門度が高くて入りにくい店になってる…。

道具に特殊な興味→マニアックな路線ひた走り
なのはいいけど、違う系統もありでしょうか。
ちょこちょこと試してみていますが、どうも
長続きしません。自分自身が本当に興味がないと
ダメですね。

ベテラン→長いテニス歴はすでに人生の半分
以上となる澁谷。ただしベテラン感覚は単純に
年月の長さではなく、どのくらい深く真摯に
かかわった自覚があるかです。
若くてもしっかり道具や競技に向き合って
いる人は、中身はベテランのごとし。
これは澁谷が育てないといけない使命かな。

さてここからが本題。
男性客が多い当店ですが、熱心な女性も
ちらほらおいでになっています。
よく考えると毎日のようにプレーしているのは
男性ではなく女性。
テニス用品全体の購入額もおそらく女性比率が
大幅に高いと思われます。

そうだ、もっと女性に適した対応を考えなければ。

本日来た営業さんは「女性を取り込めなかった
店は伸びません」と断言されました。
耳が痛い…。
posted by goforit at 20:49| Comment(0) | ◆店舗のサービス