2016年01月22日

わわっ、フェレールがバボラを使用しとる

david-ferrer--575x323.jpg
全豪での2回戦。

これを現役最後の試合と位置付けたレイトン・ヒューイット。
ウエアもラケットもこの試合用に特注したもの。

名選手も30代になると徐々に引退していく中、対戦相手の
フェレールはほとんど同じような年齢ながら元気である。

ヒューイットの雄姿を目に焼き付けようと観戦した試合だが
それよりも目を引いたのがフェレールのラケット。
プリンス契約選手として最後のビッグネームである彼が
握っていたのはなんとバボラ!

えええ!

ステンシルが入っていないので、本契約ではないかも
しれないが、これは大変なことだ。

その昔、プリンスがテニスを変えてきた。
デカラケがトップスピン全盛時代を生み、
長ラケがスピードと回転量を増やす、攻撃的な
スタイルを促した。

それ以外にもフレームに内蔵された振動止めや
グリップの土台にゴム素材を入れたり。
大きなグロメットや逆にグロメットを無くしたり
大きな穴を開けたり。
フレームの厚さを一部だけ大幅に変えたり、
2枚を貼り付けたフレームを出したり…。

アイデアはプリンスが初出ではなくても、
当時のトップメーカーが率先して製品化することで
テニス業界は活性化したのである。

プリンスラケットがもっとも似合うフェレール。
彼が去ったとしたら、もはや時代が変わったことを
理解せざるを得ないと、わたくし澁谷は思う。
posted by goforit at 20:38| Comment(2) | ◆気ままな日記

2016年01月27日

全豪8強選手のすべてがルキシロン使用

10689724_10152897341586736_2072102352878019372_n.jpg
男子のベスト8入りした選手すべてがルキシロンストリングを
使用していると話題に。
ハイブリッドでの使用も含めるとの話ですが、圧倒的なシェアです。
さらにルキシロン公表データですので、市販モデル名で発表。
選手によっては特別仕様の可能性もありますが。

わかりやすくポンド表示におおよそで換算しています。
テンションはデイセッションとナイトセッションでは
変えることもあるので、そのままズバリでもなさそうですね。ALU POWER 60lbs前後
横糸が縦糸よりも固い傾向が選手では目立ちます。
常人離れしている選手のパワーを抑えめにする効果がありそうです。

使用ラケットはヘッドとウイルソンが拮抗。
ツアー選手では昔からのことですが、これもシェアが高いです。
バボラは今年から使用し始めたフェレールのみ。

ジョコビッチ(HEAD) BABOLAT Natural / ALU POWER 60lbs前後
マレー(HEAD) ALU POWER 60lbs前後
フェデラー(WILSON) WILSON Natural 59lbs / ALU POWER Rough 57lbs
ベルディヒ(HEAD) ALU POWER 60lbs前後
錦織(WILSON) 4G 53lbs / WILSON Natural 55lbs
フェレール(BABOLAT) ORIGNAL 51lbs
ラオニッチ(WILSON) M2 46/48lbs
モンフィス(WILSON) ALU POWER 55/57
posted by goforit at 12:59| Comment(0) | ◆ストリング情報