2014年09月23日

プリンス VORTEX

IMG_1418.JPG
スタガード(千鳥格子 ジグザグな)スタイルのストリング
パターンのラケットです。
この手のスタイルはプリンスやスラセンジャーにあり、
ぱっと見は異様な感じがしますが、張り方はいたって普通です。

面安定性の効果を狙った工夫です。
posted by goforit at 20:09| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年09月26日

アジア大会

TV放映はTBSが中継しています。
ラケット競技の放映は今のところバドミントンが圧倒的に
多く、その後は卓球かな〜。

テニスは団体戦が行われて男女ともに中国に破れて銅メダル。
女子はフェドクラスが出ておらず、全日本上位選手中心で
中国は結構強いのでやむを得ないかも。
しかし男子はデ杯クラスなので、ちょっと問題ですねぇ。
錦織いないと…では言い訳になりません。
個人戦の奮起が求められます。

スカッシュは男女とも団体戦が1次リーグ最下位で敗退。
個人戦も1回戦突破がやっとでした。
スカッシュはアジアのレベルが高い(女子は最強女王がいる)
ので、なかなか大変です。

ソフトテニスは日本強いです。これから競技がスタートします。

なかなかTV放映してもらえない競技はメダルが期待できないか
民放では視聴率が取れないという理由でしょう。
このあたりはそれぞれの協会が頑張らないと。
ニュースでも扱われないとさみしいですからね。
posted by goforit at 22:25| Comment(0) | ◆気ままな日記

2014年09月27日

楽天予選上がり4つの席

現在、内山と守屋が残っています。勝てば本戦出場です。
今週頭クアラルンプールで錦織に負けたラム(米)が
予選にエントリーしていて残っている〜。
楽天のランクが高いのと素早い移動にちょっと驚き。

楽天本戦ドロー↓
http://www.rakutenopen.com/Share/Event-Draws.aspx?Year=2014&Draw=ms

錦織はクアラルンプール順調に4強入り。
ニールセンと対戦します。あとはベネトーVSグルビス。
曲者ぞろいだけど、覚醒した錦織の敵ではないと思われます。

時同じくしてアジア大会個人戦で日本選手、奮起しています。
男子は西岡と杉田が、女子は江口と穂積が、ミックスでは
杉田・青山が準決勝進出。メダル確定です。あとは色ですね。

西岡は期待の新星なので、本当は楽天のワイルドカードで
本戦に出してほしかったな。あっポイント足らずに予選からか?
ちょうどアジア大会あったから出場微妙だったのね。

来週からの楽天、楽しみですな。
チケット高騰して3万円台になってるそうだけど(苦笑)。
posted by goforit at 21:45| Comment(0) | ◆気ままな日記

2014年09月28日

守屋があがる

予選は内山は敗退、守屋は勝ちました。
日本選手は錦織が4シード。
ワイルドカードで伊藤、添田、ダニエル。

クアラルンプールでは錦織が貫禄の優勝。
ベネトーにストレートでした。

この勢いで楽天も優勝してほしいですね〜。
posted by goforit at 21:04| Comment(0) | ◆気ままな日記

2014年09月29日

PRO STAFF RF97

IMG_1422.JPG
早くも張りを依頼してきた常連さんが〜。
まだ発売前なはずだが?
どうやら海外発売品らしく、当然試打をされていないとのこと。

どれどれ張ってみよう。
う〜ん?フレーム分厚い割に結構しなるフレームだ。
張っている最中にフレームの挙動で判断できるのだ。
でもしなって変形するわけではないよ。

仕上がったからボールをついてみよう。
おおっなんだこの感触!
しっとりとボールをつつみながらスイッとあがる。
面の安定性があきらかにスゴい。
最近のBLX系にはなかったぞ、こりゃ。
振動も少なく打球感は優しい。

タッチを重視する方にはいいラケットです、これ。
posted by goforit at 20:47| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年09月30日

西岡金メダル

img_bc0ba32ba1bc23cc72aa2b47d2e627de274989.jpg
アジア大会 テニスの男子シングルス決勝で西岡良仁が
第1シードの盧彦勲(台湾)にストレート勝ち!
盧は準決勝で杉田を破ってきた。
日本人同士の決勝はかなわなかったが、期待の星が活躍して
みごと優勝です。

坂井利郎以来、日本男子シングルス40年ぶりの金メダルを獲得。

現在、TBSで急遽放映中〜。
やっぱ金メダルとると扱いが違うなぁ。
posted by goforit at 18:02| Comment(0) | ◆気ままな日記