2014年07月14日

パノラマで撮ってみたっ

ぱのらまさつえい.jpg

先日のダブルレインボー。
パノラマ撮影した人も多く、幻想的なショットになりますね〜。

すごいなこれ。CGじゃなんだから。
posted by goforit at 20:08| Comment(0) | ◆気ままな日記

2014年07月15日

今後のフレームメーカーの動向

ある大手ラケットメーカーの今後の販売方法が発表されました。

発売予定モデルに対して、店側が年間の発注数を出して
その分を納品する方法にシフトするようです。
つまりほとんど「受注生産」に切り替えるということ。

その背景には、見込みで多めに作っていた在庫をなくして
ロスを減らす必要がでてきたということです。

多めに作った在庫は多めに店頭に並び、売れ残った商品は
マークダウンして売りさばくという、従来の方法はブランド
イメージを損なうと判断されます。
新製品が出るときに待っていれば旧モデルがセールになる。
そこまで待とうという流れが多くなったということでしょう。

国産で知られるメーカーは昔からセールをしないので有名。
ブランドイメージ維持が大切だと独自の販売方法をとって
きました。
旧製品がマークダウンされないので、店頭にあるときに
買っておかないと入手できません。

日本のテニス業界の苦戦から今後の販売方法が導きだされた
ということですね。
他のメーカーも徐々に同調していくに違いありません。

秋から、ユーザーは買い方に工夫が必要になります。
posted by goforit at 21:54| Comment(0) | ◆気ままな日記

2014年07月16日

端まで張るモデル

IMG_1391.JPG
テクニファイバーのT-P3 CARAT 110です。

軽量デカラケで振動吸収パーツが左右と下に挿入されている
モデルで、ストリングパターンがけっこう開いているタイプ。
すなわち楽に振り回せてスピンがかけられる仕様なのですが
玄人受けするテクニファイバーらしく、それだけでは終わらない。

軽量デカラケに開いたストリングパターンでは面安定性が
よろしくないので、ストリングをフレームの端まで渡して
解消する方法をとりました。

それで不自然なほど縦糸が端にあるのです。
これが正式なパターンなのですが、それをヒントに普通の
フレームでもイレギュラーに端まで通す手もあります。
グロメットを加工しないといけませんが、澁谷はそこまで
攻めて提案したりします(笑)。

今、容易にカスタムできるのはグラフィンのラジカル系。
縦にも横にも可能性がありますね〜。ふふふ…。
興味のあるかたはご相談ください。
posted by goforit at 20:34| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年07月18日

連休突入

今日で1学期終わりなんですね。
明日から夏休みかぁ。

バタバタと仕事してました。
暑くなってきましたが頑張りましょうー!

って梅雨は明けたのかいな?
posted by goforit at 23:50| Comment(0) | ◆気ままな日記

2014年07月19日

Jack Kramer AUTOGRAPH 寄贈

IMG_1393.JPG
自宅建て替えのために貴重なコレクションを寄贈いただきました。
ありがとうございます塩入さん。

前回も同じクレーマーをいただきましたが、今回はさらに
きれいな品。プレスも金属製です。

打ってみたい〜。
posted by goforit at 19:58| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年07月20日

振動止め装着仕様ラケット

IMG_1392.JPG
一部のラケットでは付属の振動止めをつけることが基本の
モデルがあります。
画像はストリング張る時に通しておくタイプですが、これを
使用しないで、あとで自分の好みの振動止めをつけても
問題ありません。
張る時に「付けないで」と申告すれば大丈夫。

メーカーは使用するプレーヤーをイメージしてラケットを
発売します。振動止めを付属してあるモデルは、そのほうが
対象としているプレーヤーにとって好まれるだろうと
考えているのでしょう。

購入するプレーヤーは「いや、それは不要なんだけどな」と
思ったら自分用にカスタムしてもかまわないのです。
付いているからそのままじゃないといけないかな、と
尻込みしないでご相談ください!

これ以外にもあなた専用のラケットになるように
いろいろカスタムの方法をアドバイスしますよ〜。
posted by goforit at 19:13| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2014年07月21日

Rawlings John Newcombe TIE BREAKER

John-Newcombe-1.jpgIMG_1394.JPG
アメリカのスポーツメーカー「ローリングス」。
野球用品で有名ですが、昔はテニスラケットも発売していました。

豪州の伝説の選手ジョン・ニューカムが使用したラケット
アルミ製「タイブレーク」タグ付き新品です。
お客さんから張りを依頼されたもの。
ところが…。

グロメットがない状態です。

ネットで購入されたとのことですが、実は澁谷も新品所持して
いまして、ヤフオクで同様にグロメットない状態で購入。
でもかれこれ10年以上前だった気がします。
いまだに販売しているのも驚きですが、グロメット欠損も
変わらずなのも同じとは。

ピングロメットでなんとか張れる状態に持っていきました。
内側の出ている余分なところをカットして張りをスタートします。
持っていても打ったことないので、感想聞きたいです♪
posted by goforit at 19:27| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2014年07月22日

インターハイが有明で開催

20140717-05.jpg
今年のインターハイは39年ぶりの東京開催。
有明で8月2日から8日まで行われます。

実はテニス競技では審判は同じ高校生がつとめます。
4人制で主審・副審・線審を有志の部活プレーヤーが担当。
中にはC級審判の資格を取得してのぞむ生徒も。

常連のお客さんのお子さんもその一人。
なんでも優秀な審判団だと、他の学校からの評価があがるので
顧問の先生も熱心になるようです(笑)。
講習や研修もあり、遠方まで出向いてスキルを高めている
そうですよ。

澁谷のころは負け審と称して、しょげたジャッジしか
していませんでしたねぇ(苦笑)。

大会期間中、国枝慎吾や杉山愛を迎えてのイベントも開催。
東京五輪に登場するかもしれない若手選手を観にいきましょう!
posted by goforit at 19:20| Comment(2) | ◆気ままな日記

2014年07月23日

snauwaert ergonom

IMG_1395.JPG
スノアート社エルゴノムです。

澁谷も同じ新品を所蔵していますが、張れないので放置して
いました。
しかし同士の常連マニアさんが購入して張りを依頼されました。

とうとうこの日が来てしまったか…。

USRSA時代のストリングマニュアルに記載がありますが、
「普通に張ればよい」的な情報しか載っていません(泣)。
いや、現在の10点支持のマシンではマウントできないんだって。
サイドサポートがちゃんと支えられないところがある。
現在のマシンの進化が、昔のフレームを張ることを想定しないで
切り捨てたことによる弊害ですね〜。

ネットで張り方マニュアルを調査しても出てこない。
誰に聞いてもわからない。そりゃそうだなぁ。
海外動画はあったが、なんとも外人にありがちな打てればOKの
むちゃな張り方で大丈夫か?と不安になった澁谷。

とりあえず、トップとボトムの2点支持(昔のマシン式)に
してセットしてみました。
ところがサイドサポートがないと2点だけではグラグラして
無理なことが判明。
フレームを上下から押さえる方式の2点支持とはセットの
スタイルが違うのです。
これはぶつかる部分のサポートだけ外すしかないかな。

仮通しをしてみました。
フレームの固定も大丈夫そうで、これでなんとか張れそうです。
ふぅ。勉強になった〜。
posted by goforit at 20:57| Comment(2) | ◆フレーム歴史館

2014年07月25日

ニュープロスタッフ…?

10527360_10152248956083657_3502343545078051364_n.jpg
ウイルソンのオフィシャルfacebookの掲載された画像。
新しいプロスタッフの一部なのか?
フェデラーのフレームに採用されるデザインかも。
posted by goforit at 22:55| Comment(0) | ◆気ままな日記