2014年06月30日

賞金

2014063001002193.jpg
雨天や日没で順延していた錦織がベスト16入り。
次は意外にも芝ではふるわないラオニッチと。
かならず勝てるはず!期待しましょう。

ウインブルドン選手権を主催するオールイングランド・
クラブが支払う賞金は今年引き上げられて約43億円。
1回戦敗退でも約466万円がもらえるといいます。

錦織のプロ転向から今年の5月時点までの獲得賞金が
総額約4億円といわれています。
トップ10前後に定着した今では加速度的に総額が増える
ことでしょう。
CMやイメージキャラクターとして多くのスポンサーと
契約している錦織。契約金は年20億と推測されています。

それに対してサッカーでは…。
2014年ブラジル大会では、賞金総額が約586億4000万円。
グループステージ敗退国でも約8億円支給されます。
それに加えて、賞金とは別に支給される準備金があり
約1億5000万円がもらえるので日本の協会は10億くらい
もらえたということになります。
個人・スタッフにはここから分配なので個人では
1千万くらいか?

在籍しているクラブチームでの収入のほうが多いでしょう。
日本人で一番稼ぐのは香川で年棒9億以上。
スポンサー契約も年間10億以上と推測されています。

海外は税金方式が日本と違うので、実際には半分くらいしか
手にしていないようですが、人気の商業スポーツはものすごい
お金が動いているのですね〜。
posted by goforit at 22:03| Comment(0) | ◆気ままな日記